連載
» 2018年01月18日 18時00分 公開

サラリーマン、プリキュアを語る:「妖精ペコリン」が「キュアペコリン」に 妖精がプリキュアになれる確率は何%なのか調べてみた (1/4)

じゃあもう、リオ君もビブリーちゃんもプリキュアってことでいいじゃん。

[kasumi,ねとらぼ]

 今まで戦いを見守ることしかできなかった妖精たちがプリキュアになる。

 それはきっと、特別なことでもあり、当然のことでもあります。

 「大切な人を守りたい」。その思いはどんな人をもプリキュアにするのですから。

 「キラキラ☆プリキュアアラモード」第47話「大好きをとりもどせ!キュアペコリンできあがり!」では、ついに「妖精ペコリン」が「キュアペコリン」になりました。

 ペコリンがプリキュアになったとき、僕は少し泣きそうになっていました。だってさ、その演出があまりにもすてきだったのですよ。

 そして、あらためて思うのですけど、最近の「プリキュア妖精」って、人間体、プリキュアになること、多くないですか?

 妖精がどれくらいの割合で人間体になっているのか?

 妖精がどれくらいの割合でプリキュアになっているのか?

 また、それはなぜなのか?

 調べてみました。

kasumi プロフィール

プリキュア好きの会社員。2児の父。視聴率などさまざまなデータからプリキュアを考察する「プリキュアの数字ブログ」を執筆中。2016年4月1日に公開した記事「娘が、プリキュアに追いついた日」は、プリキュアを通じた父娘のやりとりが多くの人の感動を呼び、多数のネットメディアに取り上げられた。



キラキラ☆プリキュアアラモード 「プリキュア今、どこまで進んでいるの?」メーター

「キュアペコリン」

 キラキラ☆プリキュアアラモード第47話「大好きをとりもどせ!キュアペコリンできあがり!」では、ラスボス、エリシオの作った「大好きも大嫌いも無い世界」になってしまったいちご坂で、妖精ペコリンが思い出のドーナツを作ってプリキュアたちの「大好き」を取り戻す、というお話が展開されました。

キラキラ☆プリキュアアラモード キュアペコリン

 ついに妖精ペコリンがキュアペコリンへと変身しました。

 「守られる存在」であったペコリンが「大切なものを守りたい」という思いからプリキュアへと変身するのは王道な展開とはいえ、やはり胸にくるものがありますよね。熱いです。

 「大好き」をキーワードに1年間走り続けてきた「キラキラ☆プリキュアアラモード」らしく、「大好きを込めたドーナツの力」でみんなを守りました。

 最終決戦は「闇を打ち払う」のではなく「闇をおもてなしする」らしいです。キラキラ☆プリキュアアラモードらしい言い回しに心が震えます。最終決戦を見守っていきましょう。

 しかし今回、キュアペコリンの変身シーンが最高でした。

 だいたい、こういう終盤のみのイレギュラーなプリキュアは「謎の光でパっと変身」みたいになることが多いのですけど、キュアペコリンは、きちんと「スイーツパクト」を使って他のプリキュア6人と同じ演出で変身したのですよね。しかも、きちんと「キャンディロッド」も持っているのです。

キラキラ☆プリキュアアラモード キュアペコリン、みんなと同じ「キャンディロッド」をもっています

 こういうところに製作者サイドの愛情を感じます。

 1年間、ずっとけなげに頑張ってきたペコリンに最高のプレゼントを贈りました。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン