連載
» 2018年10月25日 18時00分 公開

歴代プリキュア55人+αが勢ぞろい HUGプリ第37話「奇跡のBパート」で何が起きたのかサラリーマン、プリキュアを語る(1/3 ページ)

僕はその日、確かに「奇跡」を見たのです。

[kasumiねとらぼ]

2018年10月21日「プリキュアの奇跡」

 2018年10月21日はプリキュアファンにとってまさに「お祭りの日」となりました。

 10月14日放送第36話「フレフレ!伝説のプリキュア大集合!!」、10月21日放送の第37話「未来へ!プリキュア・オール・フォー・ユー!」で2週にわたり「HUGっと!プリキュア」テレビ放送本編に、過去作のプリキュアオールスターズ55人+αが勢ぞろいしました。

プリキュア HUGっと!プリキュア ふたりはプリキュア オールスターズ 魔法つかいプリキュア! 青山充 板岡錦 藤原舞 第37話ではプリキュアオールスターズが勢ぞろいしました

 TwitterなどSNSでの盛り上がりもすさまじく、日曜日朝のTwitterトレンドをプリキュア関連が独占しました。

 また10月21日には、横浜でプリキュア55人が集結するパレードが行われたり、秋映画の先行上映会も開催されるなど、まさにこの1年で「プリキュアが最も盛り上がった日」と言っても過言ではないと思います。

 特に「HUGっと!プリキュア」第37話「未来へ!プリキュア・オール・フォー・ユー!」は、過去のプリキュアオールスターズ55人が共演し、子どもたちに向け、そしてずっとプリキュアを応援してきたファンに向けた、まさにプリキュア15周年にふさわしい歴史に残る回でした。

プリキュア HUGっと!プリキュア ふたりはプリキュア オールスターズ 魔法つかいプリキュア! 青山充 板岡錦 藤原舞 「魔法つかいプリキュア!」のみらいとリコ

 プリキュアが15年間ずっとつないできた大切な思いの、その先端に「HUGっと!プリキュア」がある。そんなことを思わずにはいられない、プリキュア製作スタッフの愛情がたっぷりと詰まったお話だったのです。

 いちプリキュアファンとしては製作してくれたスタッフに感謝しかありません。本当にありがとうございます。

kasumi プロフィール

プリキュア好きの会社員。2児の父。視聴率などさまざまなデータからプリキュアを考察する「プリキュアの数字ブログ」を執筆中。2016年4月1日に公開した記事「娘が、プリキュアに追いついた日」は、プリキュアを通じた父娘のやりとりが多くの人の感動を呼び、多数のネットメディアに取り上げられた。



オールスターズがテレビで集結する、という意味

 SNSなどネット界隈(かいわい)を見てみると、一部には不評もあるようです。

 「ただでさえ2018年の秋映画でもプリキュアオールスターズが出てくるのだから、わざわざテレビ本編にもプリキュアオールスターズを出して、『HUGっと!プリキュア』本編の描写を少なくするのはどうなのか?」といった意見です。

 確かに映画の販促とはいえ、2週にも渡り「ほぼお祭り状態で本編のストーリーがほとんど進行しない」のは、内容がぎっしり詰まり、まだ伏線の回収もままならない「HUGっと!プリキュア」という作品においてどうなのか? という疑問は分かります。

 しかし僕は思うのです。「プリキュア」という作品が「子どもたちのために存在している」という点から見ても、映画だけではなく「テレビ放送でオールスターズが集合する」というのは圧倒的に良いことなのではないか、と。

プリキュア HUGっと!プリキュア ふたりはプリキュア オールスターズ 魔法つかいプリキュア! 青山充 板岡錦 藤原舞

 家庭の事情で映画を見に行けない子どもたちや、映画には恥ずかしくて行けない(と思い込んでいる)プリキュア好きの男の子だってたくさんいます。そんな子どもたちにもプリキュアオールスターズの楽しさを知ってもらうことができるのです。プリキュア大集合って、やっぱりワクワクするじゃないですか。

 子どもたちって過去のプリキュアを意外と(?)良く知っているのですよね。『たのしい幼稚園』などの幼児誌でも過去のプリキュアと共演していたり、子ども向けの『プリキュアオールスターズスペシャル大ずかん』なども売れているようです。


 もちろんこのテレビ放送をきっかけに映画を見に行く子どもも多いでしょうし、保護者にもプリキュアが認知されるでしょう。テレビ放送で話題になることで過去にプリキュアを見ていた子どもたちも映画館に帰ってくるかもしれません。

 この先「プリキュア」というコンテンツがずっと続いていくにあたって、このオールスターズ出演のテレビ放送は「良いこと」しかないと思います。

 (製作者側も、ここで2話削られることを考慮して全体の話を作っているでしょうから、おそらく「HUGっと!プリキュア」全体のストーリー上に影響は無いものと思われます)。

 また、(映画はともかく)テレビ放送では「各作品間の関係性をボヤかしてきた」プリキュアにとって、このプリキュアオールスターズのテレビ放送により各シリーズ間のつながりを明確にしたのは、製作陣のこの先のプリキュアに対する覚悟であり、ずっとプリキュアが続いていくことの証明でもあるのだと思います。


テレビ版オールスターズ感想

 今回の36話、37話で展開された「オールスターズテレビ放送」は、それぞれの特徴を生かした個性的な戦い、各所に見られるファンサービス、プリキュアからプリキュアへつながれる多彩な攻撃、各キャラクターの魅力がギュっとつまった演出、それでいて昔のプリキュアを知らなくても十分に楽しめる構成がものすごくしっかりとしていて、ノンストレスでとにかく画面に集中でき、楽しく見ることができました。

プリキュア HUGっと!プリキュア ふたりはプリキュア オールスターズ 魔法つかいプリキュア! 青山充 板岡錦 藤原舞 ファンにうれしいさまざまなシチュエーションがありました

 また、「過去作を知らない子供たちへの配慮」も行き届いていてすてきでした。

 「魔法つかいプリキュア!」シリーズ構成の村山功さんが脚本を手掛け、「Go!プリンセスプリキュア」の監督、田中裕太さんの演出は、とにかく子どもたちを、そしてファンを楽しませよう! という気概に満ちていたように感じます。

 初代「ふたりはプリキュア」の決めぜりふを最新作「HUGっと!プリキュア」が受け継いで新しい言葉で継承していく、という流れはまさに15周年にふさわしい仕上がりだったと思います。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/21/news020.jpg 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  2. /nl/articles/2402/21/news017.jpg 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. /nl/articles/2402/21/news117.jpg えっ闇? マシン・ガン・ケリー、“スピリチュアルな目的”の新タトゥーに衝撃走る 「次のレベルに行った」「クソ気持ち悪い」と賛否
  4. /nl/articles/2402/21/news084.jpg 米セレブの18歳娘、“整形し過ぎ”指摘に強気の回答「美しいのは生まれつき」 露出増加&黒人化を心配する声も
  5. /nl/articles/2402/19/news013.jpg 【今日の計算】「1−2+3−4+5−6+7−8+9」を計算せよ
  6. /nl/articles/2402/21/news037.jpg 「雪見だいふくの天使」と話題の5歳女の子、父への“お伺い”が350万再生突破! あまりにかわいいやりとりにキュンが止まらない
  7. /nl/articles/2402/19/news025.jpg 「生後0カ月。もうクソデカい」 大型猫の赤ちゃん時代に「顔は子猫だけどサイズがすごい」「可愛いが大きすぎます」
  8. /nl/articles/2402/20/news096.jpg 「ピザハット・マルゲリータ」が1990円→590円に ピザハットが奇跡の4日間を開催
  9. /nl/articles/2402/16/news130.jpg 愛情いっぱいに育てた預かり子猫との最後の夜…… 「忘れて」と繰り返す親心に「涙止まりません」「幸せを願っての言葉」
  10. /nl/articles/2402/21/news012.jpg 大好きな兄が2階にいってすねちゃった猫、ママが励ますけれど…… 一歩踏み出せない乙女な姿が「なんでこんなにかわいいの!?」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」