連載
» 2018年10月25日 18時00分 公開

歴代プリキュア55人+αが勢ぞろい HUGプリ第37話「奇跡のBパート」で何が起きたのかサラリーマン、プリキュアを語る(1/3 ページ)

僕はその日、確かに「奇跡」を見たのです。

[kasumi,ねとらぼ]

2018年10月21日「プリキュアの奇跡」

 2018年10月21日はプリキュアファンにとってまさに「お祭りの日」となりました。

 10月14日放送第36話「フレフレ!伝説のプリキュア大集合!!」、10月21日放送の第37話「未来へ!プリキュア・オール・フォー・ユー!」で2週にわたり「HUGっと!プリキュア」テレビ放送本編に、過去作のプリキュアオールスターズ55人+αが勢ぞろいしました。

プリキュア HUGっと!プリキュア ふたりはプリキュア オールスターズ 魔法つかいプリキュア! 青山充 板岡錦 藤原舞 第37話ではプリキュアオールスターズが勢ぞろいしました

 TwitterなどSNSでの盛り上がりもすさまじく、日曜日朝のTwitterトレンドをプリキュア関連が独占しました。

 また10月21日には、横浜でプリキュア55人が集結するパレードが行われたり、秋映画の先行上映会も開催されるなど、まさにこの1年で「プリキュアが最も盛り上がった日」と言っても過言ではないと思います。

 特に「HUGっと!プリキュア」第37話「未来へ!プリキュア・オール・フォー・ユー!」は、過去のプリキュアオールスターズ55人が共演し、子どもたちに向け、そしてずっとプリキュアを応援してきたファンに向けた、まさにプリキュア15周年にふさわしい歴史に残る回でした。

プリキュア HUGっと!プリキュア ふたりはプリキュア オールスターズ 魔法つかいプリキュア! 青山充 板岡錦 藤原舞 「魔法つかいプリキュア!」のみらいとリコ

 プリキュアが15年間ずっとつないできた大切な思いの、その先端に「HUGっと!プリキュア」がある。そんなことを思わずにはいられない、プリキュア製作スタッフの愛情がたっぷりと詰まったお話だったのです。

 いちプリキュアファンとしては製作してくれたスタッフに感謝しかありません。本当にありがとうございます。

kasumi プロフィール

プリキュア好きの会社員。2児の父。視聴率などさまざまなデータからプリキュアを考察する「プリキュアの数字ブログ」を執筆中。2016年4月1日に公開した記事「娘が、プリキュアに追いついた日」は、プリキュアを通じた父娘のやりとりが多くの人の感動を呼び、多数のネットメディアに取り上げられた。



オールスターズがテレビで集結する、という意味

 SNSなどネット界隈(かいわい)を見てみると、一部には不評もあるようです。

 「ただでさえ2018年の秋映画でもプリキュアオールスターズが出てくるのだから、わざわざテレビ本編にもプリキュアオールスターズを出して、『HUGっと!プリキュア』本編の描写を少なくするのはどうなのか?」といった意見です。

 確かに映画の販促とはいえ、2週にも渡り「ほぼお祭り状態で本編のストーリーがほとんど進行しない」のは、内容がぎっしり詰まり、まだ伏線の回収もままならない「HUGっと!プリキュア」という作品においてどうなのか? という疑問は分かります。

 しかし僕は思うのです。「プリキュア」という作品が「子どもたちのために存在している」という点から見ても、映画だけではなく「テレビ放送でオールスターズが集合する」というのは圧倒的に良いことなのではないか、と。

プリキュア HUGっと!プリキュア ふたりはプリキュア オールスターズ 魔法つかいプリキュア! 青山充 板岡錦 藤原舞

 家庭の事情で映画を見に行けない子どもたちや、映画には恥ずかしくて行けない(と思い込んでいる)プリキュア好きの男の子だってたくさんいます。そんな子どもたちにもプリキュアオールスターズの楽しさを知ってもらうことができるのです。プリキュア大集合って、やっぱりワクワクするじゃないですか。

 子どもたちって過去のプリキュアを意外と(?)良く知っているのですよね。『たのしい幼稚園』などの幼児誌でも過去のプリキュアと共演していたり、子ども向けの『プリキュアオールスターズスペシャル大ずかん』なども売れているようです。


 もちろんこのテレビ放送をきっかけに映画を見に行く子どもも多いでしょうし、保護者にもプリキュアが認知されるでしょう。テレビ放送で話題になることで過去にプリキュアを見ていた子どもたちも映画館に帰ってくるかもしれません。

 この先「プリキュア」というコンテンツがずっと続いていくにあたって、このオールスターズ出演のテレビ放送は「良いこと」しかないと思います。

 (製作者側も、ここで2話削られることを考慮して全体の話を作っているでしょうから、おそらく「HUGっと!プリキュア」全体のストーリー上に影響は無いものと思われます)。

 また、(映画はともかく)テレビ放送では「各作品間の関係性をボヤかしてきた」プリキュアにとって、このプリキュアオールスターズのテレビ放送により各シリーズ間のつながりを明確にしたのは、製作陣のこの先のプリキュアに対する覚悟であり、ずっとプリキュアが続いていくことの証明でもあるのだと思います。


テレビ版オールスターズ感想

 今回の36話、37話で展開された「オールスターズテレビ放送」は、それぞれの特徴を生かした個性的な戦い、各所に見られるファンサービス、プリキュアからプリキュアへつながれる多彩な攻撃、各キャラクターの魅力がギュっとつまった演出、それでいて昔のプリキュアを知らなくても十分に楽しめる構成がものすごくしっかりとしていて、ノンストレスでとにかく画面に集中でき、楽しく見ることができました。

プリキュア HUGっと!プリキュア ふたりはプリキュア オールスターズ 魔法つかいプリキュア! 青山充 板岡錦 藤原舞 ファンにうれしいさまざまなシチュエーションがありました

 また、「過去作を知らない子供たちへの配慮」も行き届いていてすてきでした。

 「魔法つかいプリキュア!」シリーズ構成の村山功さんが脚本を手掛け、「Go!プリンセスプリキュア」の監督、田中裕太さんの演出は、とにかく子どもたちを、そしてファンを楽しませよう! という気概に満ちていたように感じます。

 初代「ふたりはプリキュア」の決めぜりふを最新作「HUGっと!プリキュア」が受け継いで新しい言葉で継承していく、という流れはまさに15周年にふさわしい仕上がりだったと思います。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/18/news184.jpg 「コアラのマーチを振り続けると巨大チョコボールになる」衝撃の豆知識が話題に → 実際やってみたら想像以上にハードだった
  2. /nl/articles/2205/19/news007.jpg 井戸に2日間閉じ込められた子猫を救助 そばで待っていた母猫との再会に感動する【インド】
  3. /nl/articles/2205/19/news044.jpg 味の素のレシピ“豚ひき肉かたまり焼き”あまりのシンプルさで突如人気に 「助かる」「時短、簡単が超ありがたい」
  4. /nl/articles/2205/17/news099.jpg 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  5. /nl/articles/2205/19/news128.jpg リトル長友佑都!? 平愛梨、不機嫌な長男が“パパ似”だと話題 「試合中の眼差しにそっくり」「話し方もそっくりでビックリ!!」
  6. /nl/articles/2205/08/news007.jpg 上履きを学校に忘れ続ける息子→「そこで母は考えた」 簡単にできる対策アイデアに「天才だわ」と1万9000いいね
  7. /nl/articles/2205/19/news135.jpg 「米津玄師に負けた!」ウルトラマンファンが“強火歌詞”にもん絶 解釈強度に「悔し泣き」「映画見てから聞いて感動」の声続出
  8. /nl/articles/2205/18/news018.jpg お姉ちゃんの新居に行けないと分かった柴犬、落ち込んで…… お尻で語るいじけ方が切ないけどかわいい
  9. /nl/articles/2205/19/news178.jpg 杉浦太陽、俳優の弟たちと旧自宅のバルコニーを大改装 劇的リフォームも「なんか見た事あるなこの光景…」
  10. /nl/articles/2205/19/news076.jpg 知人やママ友に「これ作ってくれる?」と言われたハンドメイド作家→商品の値段を伝えると…… 切ない“作家あるある”に共感と応援の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声