ニュース
» 2019年01月25日 19時00分 公開

1億円が溶けていく……っ! スーパーカー「マクラーレン・セナ」が走行中に炎上、原因は調査中 (1/2)

爆発炎上する様子をオーナーの海外YouTuberが撮影し、一部始終を公開しています。

[haruYasy.,ねとらぼ]

 伝説のレーサー「アイルトン・セナ」の名を冠する500台限定生産のスーパーカー「マクラーレン・セナ」が、走行中に原因不明の火災を起こして廃車になるという事件が海外で注目を集めています。消防隊によって消し止められるまでの一部始終を撮影した映像がYouTubeで公開されています。

マクラーレン・セナ 炎上 廃車 スーパーカー スーパーカー「マクラーレン・セナ」爆発しながら激しく炎上。消防隊によって消し止められるも廃車に(画像はSalomondrinさんのFacebookより)

 このマクラーレン・セナのオーナーは登録者数154万人を誇る海外の人気YouTuber、Salomondrinさん。走行距離はわずか400マイル(約643キロメートル)だったそうで、事件が起きたのは納車から11日目。助手席に妻を乗せて、友人たちとドライブを楽しんでそうです。

マクラーレン・セナ 炎上 廃車 スーパーカー Salomondrinさんがアップした納車直後のマクラーレン・セナ(画像はSalomondrinさんのFacebookより)

 ドライブ中に異変を感じて振り返ったSalomondrinさんは、後方から炎が上がっているのを確認。エンジンカバーから吹き上がる炎に身の危険を感じて、すぐさま脇道に入って停車し、炎上するマクラーレン・セナから脱出したSalomondrinさんは安全な距離まで離れてから、すぐに消防隊を呼んだそうです。

マクラーレン・セナ 炎上 廃車 スーパーカー 事件当時を振り返りながら状況を語るSalomondrinさん。炎の勢いはまだ小さい(画像はYouTubeより)
マクラーレン・セナ 炎上 廃車 スーパーカー しばらくして何かが爆発。周囲を赤く染めたころに消防隊が到着(画像はYouTubeより)

 その直後からSalomondrinさんは動画撮影を始めたそうで、彼が公開した映像にはすでにエンジンがある車体後部から炎を上げ、周囲を赤く照らすマクラーレン・セナの姿が捉えられています。

 徐々に火勢が強まっていく中、何かが爆発する様子もあり、勢い増していく炎によって、近づくこともままならない状況に。しばらくして、消防隊が到着した頃にはマクラーレン・セナの姿を判別するのが難しいほどの火勢になっています。あぁ、1億円が溶けていく……。

マクラーレン・セナ 炎上 廃車 スーパーカー 消し止められたマクラーレン・セナ。立派なウイングは熱でぺろんぺろんに(画像はYouTubeより)
マクラーレン・セナ 炎上 廃車 スーパーカー 車内の様子。Salomondrinさん「お気に入りだったのに」と落胆(画像はYouTubeより)
マクラーレン・セナ 炎上 廃車 スーパーカー 本来の運転席はこんな感じ

 消防隊によって炎は消し止められましたが、そこに残ったマクラーレン・セナは見るも無残な姿……美しいカーボン製ボディは焼けただれ、大きなウイングはぺろんぺろんになってしまっています。「このハンドル、お気に入りだったのに……ちくしょう!」と、愛車の痛ましい姿にSalomondrinさんが愚痴をこぼすシーンも。悲しいなぁ……。

 この事件の原因について、当事者であるSalomondrinさんは「エキゾーストから炎が出ていた」と証言しており、マクラーレン・セナに搭載されているインコネルとチタンを採用した新型エキゾーストシステムに、何らかの不具合があったのではないかと考えているそうですが、現在Salomondrinさんが契約している保険会社が調査を行っていて、詳細は明らかにされていません。

春山優花里@haruYasy.

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.