ニュース
» 2019年01月25日 18時00分 公開

世界に1台の超レア車!? 1967年製のマッスルカー「シェルビー GT500 スーパースネーク」が2.3億円で落札

「フォード・マスタング」をベースとした、当時の最速チューニングカー。

[agar,ねとらぼ]

 米フロリダ州で開催された「メカム・オークション」にて、1967年製「フォード・マスタング」が約2.3億円(220万ドル)で落札されました。

 マスタングはアメリカ製スポーツカーの一種「マッスルカー」を代表する車種で、今なお根強い人気を誇るシリーズ。今回オークションに出品されたのは初代モデルで、落札予想価格は100万ドルほどでした。

 しかし、結果は220万ドルという予想の約2倍という高額落札となりました。それもそのはず……何を隠そう、このクルマはただのマスタングではないのです。

シェルビー GT500 スーパースネーク シェルビー GT500 スーパースネーク(写真:メカム・オークション、以下同)

 初代マスタングには、フォードがレース参戦のために元レーサーのキャロル・シェルビーさんに委託して開発させた高性能モデルがありました。このチューニングカーはシェルビーさんの会社を通じて市販され、「シェルビー・マスタング」として知られています。

 シェルビー・マスタングもレース志向の過激なマシンでしたが、さらなる走行性能を追求して開発されたモデルこそが、今回のオークションに出品されたクルマ、「シェルビー GT500 スーパースネーク」です。

市販化されなかった幻のモデルで、当時製作されたのはこの1台だけ 市販化されなかった幻のモデルで、当時製作されたのはこの1台だけ

 シェルビー GT500 スーパースネークは、当時グッドイヤーが開発していた高性能タイヤのテストも兼ねて開発されました。「ル・マン24時間耐久レース」の優勝マシン「GT40 MkII」と同じ7リッターV8エンジンを600馬力以上にチューンアップ、高速走行試験では最高274km/hを記録しました。

 シェルビーはこのマシンを50台ほど製造する計画でしたが、非常に高額なクルマとなってしまうということで断念。スーパースネークは市販化されず、テストに用いられたこの1台限りとなりました。

シェルビー マスタング スーパースネーク
シェルビー マスタング スーパースネーク
シェルビー マスタング スーパースネーク

 一品物となったスーパースネークでしたが、その後、2013年にシェルビー・アメリカンが製作した6代目マスタングのチューニングカーで名称が復活。さらに2018年には、50年越しに初代マスタングをベースとしたスーパースネークの復刻マシンが発表され、約2700万円で限定10台が受注生産されました。復刻マシンは一部仕様がオリジナルとは異なりましたが、中古車をベースとしたシェルビーによる製作で、正規のシリアルナンバーも付与されていました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響