ニュース
» 2019年01月25日 18時00分 公開

世界に1台の超レア車!? 1967年製のマッスルカー「シェルビー GT500 スーパースネーク」が2.3億円で落札

「フォード・マスタング」をベースとした、当時の最速チューニングカー。

[agar,ねとらぼ]

 米フロリダ州で開催された「メカム・オークション」にて、1967年製「フォード・マスタング」が約2.3億円(220万ドル)で落札されました。

 マスタングはアメリカ製スポーツカーの一種「マッスルカー」を代表する車種で、今なお根強い人気を誇るシリーズ。今回オークションに出品されたのは初代モデルで、落札予想価格は100万ドルほどでした。

 しかし、結果は220万ドルという予想の約2倍という高額落札となりました。それもそのはず……何を隠そう、このクルマはただのマスタングではないのです。

シェルビー GT500 スーパースネーク シェルビー GT500 スーパースネーク(写真:メカム・オークション、以下同)

 初代マスタングには、フォードがレース参戦のために元レーサーのキャロル・シェルビーさんに委託して開発させた高性能モデルがありました。このチューニングカーはシェルビーさんの会社を通じて市販され、「シェルビー・マスタング」として知られています。

 シェルビー・マスタングもレース志向の過激なマシンでしたが、さらなる走行性能を追求して開発されたモデルこそが、今回のオークションに出品されたクルマ、「シェルビー GT500 スーパースネーク」です。

市販化されなかった幻のモデルで、当時製作されたのはこの1台だけ 市販化されなかった幻のモデルで、当時製作されたのはこの1台だけ

 シェルビー GT500 スーパースネークは、当時グッドイヤーが開発していた高性能タイヤのテストも兼ねて開発されました。「ル・マン24時間耐久レース」の優勝マシン「GT40 MkII」と同じ7リッターV8エンジンを600馬力以上にチューンアップ、高速走行試験では最高274km/hを記録しました。

 シェルビーはこのマシンを50台ほど製造する計画でしたが、非常に高額なクルマとなってしまうということで断念。スーパースネークは市販化されず、テストに用いられたこの1台限りとなりました。

シェルビー マスタング スーパースネーク
シェルビー マスタング スーパースネーク
シェルビー マスタング スーパースネーク

 一品物となったスーパースネークでしたが、その後、2013年にシェルビー・アメリカンが製作した6代目マスタングのチューニングカーで名称が復活。さらに2018年には、50年越しに初代マスタングをベースとしたスーパースネークの復刻マシンが発表され、約2700万円で限定10台が受注生産されました。復刻マシンは一部仕様がオリジナルとは異なりましたが、中古車をベースとしたシェルビーによる製作で、正規のシリアルナンバーも付与されていました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2106/14/news065.jpg 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. /nl/articles/2106/13/news025.jpg アントニオ猪木、腸の病気で再入院も“闘魂”消えず 「本当に強い人」「復活劇の始まり」と不屈の姿に反響
  3. /nl/articles/2106/13/news004.jpg 子猫「ねぇねぇ」先輩猫「コラー!」 子猫のちょっかいを教育的指導する先輩猫の“お怒りポーズ”が面白い
  4. /nl/articles/2106/14/news084.jpg 肺がん手術の広田レオナ、リハビリ中を襲う苦痛に意気消沈 道端にへたり込んで悲鳴「やたらと心臓も痛い」
  5. /nl/articles/2106/14/news051.jpg 日本マクドナルド50周年で歴代人気バーガー3種が復活! 「ジューシーチキン 赤とうがらし」「テキサスバーガー2021」「トリチ」
  6. /nl/articles/1809/15/news037.jpg 「クソデブ」「痩せたモデルを出せ」 渡辺直美、グッチの公式インスタが大炎上にもブレない姿勢が反響呼ぶ
  7. /nl/articles/2106/14/news048.jpg 大好きなお父さんが帰宅すると、猫が駆け寄って…… 寄り添って甘える猫ちゃんのお出迎えがうらやましい
  8. /nl/articles/2106/14/news081.jpg 田中将大の愛妻家ぶりを妻・里田まいと息子がレポート “父の日”テストの回答が「尊い」「最高」「泣きそう」と反響
  9. /nl/articles/2005/06/news010.jpg 病床の少女に死神が迫る→連れて行くどころか看病するオカン死神の漫画にほっこり
  10. /nl/articles/2106/14/news036.jpg 外出自粛で健康診断が“見たことのない数字”に 自宅最高と思っていたらヤバいことになった実録漫画が人ごとじゃない

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  2. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」
  3. 熊田曜子、“離婚決意”後初の動画で銀座ホステスに 「極妻」の不用意発言に苦言も
  4. 「お」「ま」「ち」「こ」「う」「ん」の文字が書かれたダイスを振って役を作る神ゲー「んこダイス」登場 → 「ドラクエ」を抜いてSteam売上1位に
  5. 注射前は“無”の表情だったワンコ、帰りの車では…… 無敵になったワンコの表情ビフォーアフターが面白い
  6. めちゃくちゃ煽ってくる「GR スープラ」を捉えた1枚の写真が話題に モニターに映し出される「ようこそ、親の脛かじりさん」イタズラ 仕掛け人は父親
  7. 美術館に侵入する黒猫と警備員の攻防戦、4年の時を経て…… 「また来たニャ」な猫ちゃんと優しいスタッフのやりとりがあたたかい
  8. 子猫「おねがい、おねがい!」 ごはんの前でおねだりをする子猫ちゃんがかわいい!
  9. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  10. 「1万曲入りiPodをオークションに出したら飛ぶように売れた」 宮下崇『連続起業家のTHEORY』が物議、会社側は「事実確認中」

先月の総合アクセスTOP10