ニュース
» 2019年01月27日 20時00分 公開

少しホラーですごく切ない 亡くなった彼女が霊として会いに来る創作漫画『化物の愛は届かない』

かなしい再会とお別れのあとに。

[宮原れい,ねとらぼ]

 少しのホラーと哀情(あいじょう)が胸を突く“黒猫”が登場する創作ショート漫画『化物の愛は届かない』が、「涙が出てきた」「エモすぎる」とさまざまな反響を呼んでいます。まずは一度読んでみてほしい。


化物の愛は届かない 創作漫画 澄谷ゼニコ 猫 霊 恋人 ホラー 黒猫が言葉を……


 登場人物は、恋人の桜を亡くした一人暮らしの青年、高山聖(ひじり)と、その彼女が生前飼っていた黒い猫、ホムラ。お葬式から1カ月経っても聖の心の傷は癒えず、喉に違和感があると言ってご飯も食べずにゲッソリとしていました。そんな日々のある夜、変わり果てた彼女がやってきます……。


化物の愛は届かない 創作漫画 澄谷ゼニコ 猫 霊 恋人 ホラー 彼女を亡くし、友だちに心配されるレベルでゲッソリとしてしまった聖

化物の愛は届かない 創作漫画 澄谷ゼニコ 猫 霊 恋人 ホラー 彼女の置き土産である黒猫・ホムラと一緒に暮らしています

化物の愛は届かない 創作漫画 澄谷ゼニコ 猫 霊 恋人 ホラー ずっと喉の調子が悪い様子

化物の愛は届かない 創作漫画 澄谷ゼニコ 猫 霊 恋人 ホラー 彼の名前を呼ぶ声が彼の首を絞めます

 彼女の置き土産であるホムラと、写真立てに飾られた笑顔の桜に顔を寄せ「おやすみ」のあいさつをして眠りにつく聖。すると、彼の名前を呼びながら女性の霊がやってきて、長い髪で彼の首を絞めます。それは妄執にとらわれ化物となった桜の姿。そして同時に黒猫が「――人間ってやつは全く、死んでもなお執着するとは醜いものね」とスラスラとしゃべり出します。


化物の愛は届かない 創作漫画 澄谷ゼニコ 猫 霊 恋人 ホラー 喋る“黒い猫”、ホムラが言葉を向ける相手は

化物の愛は届かない 創作漫画 澄谷ゼニコ 猫 霊 恋人 ホラー 恐ろしい姿の霊として聖に会いに来た桜の姿……!

 「化物の愛なんて誰にも届かない」。恐ろしい姿となった桜に対してホムラは戒めの言葉を掛けますが、返ってきたのは「うるさい バケモノ」の言葉。それに寂しそうな相づちを打ったホムラは「お仲間ね」と言い、猫ではない“恐ろしく巨大な口”を開け、彼女に向かって跳ぶのでした。

 化物の愛は届かない――元飼い主に拒絶され、さらに自らの手で彼女を終わらせたホムラ。「さよなら」を言う“バケモノ”の目からは涙がこぼれていました。


化物の愛は届かない 創作漫画 澄谷ゼニコ 猫 霊 恋人 ホラー 元飼い主の桜に対し「最後の情」とホムラ

化物の愛は届かない 創作漫画 澄谷ゼニコ 猫 霊 恋人 ホラー 「バケモノ」となって彼女を喰らうホムラの目には涙が

 朝起きると体が軽くなっていた聖は、悪い夢を見たとホムラに話しかけます。髪の長い化物にどこかへ連れて行かれそうになったこと、そこに来た猫の身体が裂けてその化物を食べ出したこと。「超怖かったぁ…」と振り返る聖にホムラは目を伏せますが、「そのあとの猫苦しそうだったんだよね。腹壊したのか知らないけど、なんか可哀想になっちゃって…」と話す彼に、ホムラは聞こえないくらいの声で“言葉”を返し、「……なぁご」と鳴いて、影で寄り添い涙を流すのでした。


化物の愛は届かない 創作漫画 澄谷ゼニコ 猫 霊 恋人 ホラー 昨夜の出来事を夢として見ていた聖

化物の愛は届かない 創作漫画 澄谷ゼニコ 猫 霊 恋人 ホラー 彼の言葉に見せたホムラの言葉と表情が胸に来る

化物の愛は届かない 創作漫画 澄谷ゼニコ 猫 霊 恋人 ホラー 化物の愛は……

 作者は、ガンガンpixivで学園コメディー漫画『おとぎの孫』を連載中の漫画家・澄谷ゼニコ(@bloooom25)さん。全11ページの『化物の愛は届かない』は澄谷さんのpixivでも公開され、読み終わった後に意味が分かってじんとくる「少し胸が痛かっただけ」というセリフがキャプションとして添えられています。これは何度も読み返したくなる。

 Twitterのコメントでは「切ない」「静かに泣けた……」と心を揺り動かされた人の声が多く寄せられ、他にもタイトルやセリフを考察する声、そして「読んで欲しい」という声ともに拡散され話題になっています。







画像提供:澄谷ゼニコ(@bloooom25)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2105/08/news030.jpg 「子猫がとうとうトイレまでついてくるようになった」 甘えん坊な子猫ちゃんが“絵画のように美しい”と話題に
  2. /nl/articles/2105/09/news005.jpg まだ生後5カ月の子犬が……人間サイズでデカモフ! ホワイトシェパードの成長っぷりが想像を超えてくる
  3. /nl/articles/2105/09/news021.jpg 「シュール笑いの構成が完璧」 滑り台を撮影した5秒の動画に50万“いいね”、「違う、お前じゃない」のツッコミ続出
  4. /nl/articles/2105/09/news006.jpg 「秋葉原駅で降りると思われた屈辱!」 オタクな殺人犯の動機が繊細過ぎる漫画が一部の人の心に刺さる
  5. /nl/articles/2105/09/news020.jpg 在宅勤務中、玄関から物音が→まさかの犯ニャンに驚愕! 必死にドアを開けようとする近所の猫ちゃんが目撃される
  6. /nl/articles/2105/08/news035.jpg 「良い味出してる」「すんごい欲しい」 目を離したら「うわぁっ!」っとなるカップ麺の蓋ストッパーが話題に
  7. /nl/articles/2105/09/news023.jpg オリラジ藤森、“笑顔のかわいいマネジャー”とびちゃんに高級車を購入 ファンは「絶対彼女より大切になってる」
  8. /nl/articles/2105/07/news100.jpg スタバやドトールの「コーヒー1杯の値段に対する気持ち」を表した図に共感の声 味にこだわらない人はこう思ってる?
  9. /nl/articles/2105/08/news012.jpg 猫「おこたしまったんすか……(悲)」 こたつ大好き猫ちゃんと片付けたい母の駆け引きを描いた漫画に笑ってしまう
  10. /nl/articles/2102/04/news101.jpg 「女優さんかと思った」「卓球界のシンデレラ」 石川佳純、プロが仕上げた“ガチ美人”ショットに絶賛の声