ニュース
» 2019年01月28日 10時00分 公開

BMW、怪物セダン「M5 Competition」を発売 625馬力の最強仕様 (1/2)

大人な顔して超速いぞぉぉこれ。【写真27枚】

[agar,ねとらぼ]

 ビー・エム・ダブリュー(以下、BMW)は1月25日、スポーツセダン「M5」の走行性能を高めた上位版「M5 Competition」を発売しました。

M5 Competition M5 Competition(写真:BMW、以下同)

 2代目以降の5シリーズセダンに代々設定されている「M5」は、BMW M社によるチューニングを施したスポーツセダン。現行モデルの6代目M5は2017年8月に発表。4.4リッターのV型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、M5としては初の4輪駆動を採用しています。

 今回の「M5 Competition」は、そもそも高い走行性能と高級セダンとしてのラグジュアリー性を兼ね備えたM5をベースに、サーキット走行にフォーカスして性能に磨きをかけた怪物モデルです。海外市場では2018年5月に発表(関連記事)、いよいよ日本市場にも投入されることになります。

M5 Competition M5 Competition

 ボディーは、カーボンファイバー強化プラスチック(CFRP)製ルーフに変更して軽量化。BMWの顔である「キドニーグリル」などをブラックに変更し、スポーティーさや迫力を増した精かんなエクステリアとしています。

 エンジンはM5と同じ4,4リッターのV8ターボをさらにチューンアップし、歴代M5で最も強力な625馬力を発生。停止から時速100キロまで、3.3秒で到達する強烈な加速性能を持ちます。

4 4リッターV8エンジンは歴代M5最強の625馬力を発生

 このほか、スポーツ走行に適したMモデル専用の4輪駆動システム「M xDrive」により、市街地での安定した走りからサーキットでの攻める走りまで対応できる各モード、さらにはFR(フロントエンジン・リアドライブ)車であった従来モデルに近い操縦性が楽しめる後輪駆動の2WDモードを用意します。トランスミッションは8速ATの「Mステップトロニック・トランスミッション」で、シフト特性も3段階から選択できます。

 価格は1823万円(税込)から。参考までに、標準の5シリーズセダン(523i)は649万円から。約3倍の価格でこの怪物的性能を入手できることになります。

M5 Competition:内装 M5 Competition:内装
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」