ニュース
» 2019年01月28日 10時00分 公開

BMW、怪物セダン「M5 Competition」を発売 625馬力の最強仕様(1/2 ページ)

大人な顔して超速いぞぉぉこれ。【写真27枚】

[agar,ねとらぼ]

 ビー・エム・ダブリュー(以下、BMW)は1月25日、スポーツセダン「M5」の走行性能を高めた上位版「M5 Competition」を発売しました。

M5 Competition M5 Competition(写真:BMW、以下同)

 2代目以降の5シリーズセダンに代々設定されている「M5」は、BMW M社によるチューニングを施したスポーツセダン。現行モデルの6代目M5は2017年8月に発表。4.4リッターのV型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、M5としては初の4輪駆動を採用しています。

 今回の「M5 Competition」は、そもそも高い走行性能と高級セダンとしてのラグジュアリー性を兼ね備えたM5をベースに、サーキット走行にフォーカスして性能に磨きをかけた怪物モデルです。海外市場では2018年5月に発表(関連記事)、いよいよ日本市場にも投入されることになります。

M5 Competition M5 Competition

 ボディーは、カーボンファイバー強化プラスチック(CFRP)製ルーフに変更して軽量化。BMWの顔である「キドニーグリル」などをブラックに変更し、スポーティーさや迫力を増した精かんなエクステリアとしています。

 エンジンはM5と同じ4,4リッターのV8ターボをさらにチューンアップし、歴代M5で最も強力な625馬力を発生。停止から時速100キロまで、3.3秒で到達する強烈な加速性能を持ちます。

4 4リッターV8エンジンは歴代M5最強の625馬力を発生

 このほか、スポーツ走行に適したMモデル専用の4輪駆動システム「M xDrive」により、市街地での安定した走りからサーキットでの攻める走りまで対応できる各モード、さらにはFR(フロントエンジン・リアドライブ)車であった従来モデルに近い操縦性が楽しめる後輪駆動の2WDモードを用意します。トランスミッションは8速ATの「Mステップトロニック・トランスミッション」で、シフト特性も3段階から選択できます。

 価格は1823万円(税込)から。参考までに、標準の5シリーズセダン(523i)は649万円から。約3倍の価格でこの怪物的性能を入手できることになります。

M5 Competition:内装 M5 Competition:内装
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/20/news170.jpg 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  2. /nl/articles/2203/30/news142.jpg 花田虎上、5人の娘が集合した“親子6ショット” 「やっと揃った」「楽しい時間でした」
  3. /nl/articles/2205/20/news123.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  4. /nl/articles/1905/20/news081.jpg アルピニスト・野口健の15歳娘が広告デビュー 山は「落ち着かせることができる場所」
  5. /nl/articles/2205/19/news169.jpg 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  6. /nl/articles/2205/20/news009.jpg ワンコたちが大好きな泥の水たまりを発見! 止める声も無視してはしゃぐ姿に「とっても楽しそう」の声【米】
  7. /nl/articles/2205/18/news184.jpg 「コアラのマーチを振り続けると巨大チョコボールになる」衝撃の豆知識が話題に → 実際やってみたら想像以上にハードだった
  8. /nl/articles/2205/19/news135.jpg 「米津玄師に負けた!」ウルトラマンファンが“強火歌詞”にもん絶 解釈強度に「悔し泣き」「映画見てから聞いて感動」の声続出
  9. /nl/articles/2205/19/news014.jpg おばあちゃんが新聞読むのを邪魔する柴犬、話しかけると…… 努力はするけど全然動かない姿に笑ってしまう
  10. /nl/articles/2205/17/news153.jpg 「いい旦那さん過ぎる」「こういうノリ大事」 アイスを食べたいとぼやく妻に夫が持ちかけたユニークな提案がステキ

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声