ニュース
» 2019年01月30日 20時00分 公開

この屋根すげぇ……色が変わるぞ 「マクラーレン・720S」に“ガラス屋根”のド目立ちオープンモデル (1/2)

ただでさえ目立つスーパーカーにこの仕様。すげぇ。【写真20枚】

[agar,ねとらぼ]

 マクラーレン・オートモーティブは1月28日、新型スーパーカー「720S スパイダー」の日本市場向けモデルを東京都内で披露しました。アジア初公開となったこのモデルは、日本では2019年3月から順次納車予定。価格は3788万8000円からです。

720S スパイダー マクラーレン・720S スパイダー

 720S スパイダーは、同社が2017年に発売したスーパーカー「720S」をベースにオープン仕様に仕立てたモデルで、2018年12月に発表されました(関連記事)。特長はやはり、クーペボディーからさらに派手度合いが増すオープンボディーの外観です。車名の由来でもある最大720馬力の強力な4リッターV8ツインターボエンジン、跳ね上げ式ドアの仕様はそのままに、目立ち度がガツンと高まっています。

 クーペボディーをオープンの仕様に変えると、一見すると屋根分が軽くなると思ってしまいます。しかし屋根で確保していた剛性をボディーの他の箇所でカバーする必要があるので、一般的には重量がかなり増すとされます。この点、720S スパイダーは軽量で剛性のあるカーボンファイバー骨格の改良などにより、クーペからの重量増を49キロに抑えました。

 もちろん走行性能は720Sと同様にスペシャルです。0-100キロ加速はわずか2.9秒、最高速度は341キロに達します。ちなみに空力的に不利とされるルーフを開けた状態でも時速325キロまで出せるのだとか。風、すごそう……!

720S スパイダー 720S スパイダー(写真:マクラーレン・オートモーティブ、以下同)
720Sをガラス張りのオープン仕様に 720Sをガラス張りのオープン仕様に

 720S スパイダーのオープン機構は、空力性能や静粛性に優れる電動リトラクタブルハードトップ(RHT)方式を採用します。屋根を閉じれば720Sの先代に当たる「650S」のクーペモデルよりも静かな車内空間を実現したそうです。ルーフはもちろんボタン操作で開閉が可能。時速50キロ以下ならば走行中でも約11秒で開閉できます。

720S スパイダー:内装 720S スパイダー:内装

 もう1つ、標準モデルはカーボンファイバー製のルーフですが、オプションにガラス製ルーフ「エレクトロミック・グラス」も用意します。これがまたハイテクです。ガラスなので、普段は透明。ルーフを閉じても上空の開けた開放感を味わえます。そして日差しが強ければ……“ワンタッチで半透明”にルーフの色を変えられます。スマートにカッコよく乗るべきスーパーカーは、ガラスルーフでも蒸し風呂にならないのです。さすがですね。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.