ニュース
» 2019年02月04日 20時35分 公開

「代表への思いでした」 ムロツヨシ、「また、応援しよう」ツイートの真意を説明し謝罪

親交の深い新井容疑者に向けたものではなかった?

[佐藤星生,ねとらぼ]

 俳優のムロツヨシさんが2月4日、俳優の新井浩文容疑者が強制性交等罪の疑いで逮捕された後にTwitterに投稿していた「こっから、また、応援しよう」が新井容疑者をかばう内容ではないかとする一部の批判の声について、サッカー日本代表に向けた言葉だったと謝罪しました。


 新井容疑者が逮捕された2月1日、ムロさんはTwitterで「この時に、呟かないような関係ではないんです、呟きます」「悪いことをした、と言ったら、思いっきり、叱ります、嫌という程、叱ります」と複雑な心境をツイート。2日深夜には前後の文脈なく「こっから、また、応援しよう」とツイートしたところ、新井容疑者を擁護していると誤認した一部のファンから「人として嫌悪感ないの?」「かばうとかないわ」とバッシングの声が多数寄せられていました。



ムロツヨシ 新井浩文 逮捕 俳優 Twitter 草なぎ剛 真野恵里菜 高畑裕太 ムロさんのInstagramにも時々登場していた新井容疑者(画像はムロツヨシInstagramから)

 こうした中、2月4日に「この呟きは、アジアカップの決勝戦をみて、代表への思いでした 誤解を招くような呟きを反省して、謝罪させてください」と、日本時間1日深夜に行われたサッカー日本代表戦についての感想だとしながらも、「被害者の方に対して配慮がありませんでした」などと謝罪。ネットでは「普段から試合後に呟いてましたよね」「わかってましたよ」「責める方がどうかしてる」と理解を示す声が多く寄せられている他、「ごめんムロさん」「私も早とちりをすいませんでした」など謝罪の言葉も寄せられています。

ムロツヨシ 新井浩文 逮捕 俳優 Twitter 草なぎ剛 真野恵里菜 高畑裕太 映画「斉木楠雄のψ難」や「銀魂」などで共演(画像はムロツヨシInstagramから)

 しかし、新井容疑者逮捕の波紋は広がりを見せており、6月公開予定だった映画「台風家族」は公開延期が決定。同作の監督である市井昌秀さんが「大きな衝撃を受けています。映画はお客さんに届いて初めて完成です。だからまだ未完成」と心境をTwitterで明かすと、主演の草なぎ剛さんもそれをリツイートする形で「僕も同じ気持ちです。しばらく時間はかかりますが、もう一度、スタッフキャストが気持ちを揃えて前に進んでいきましょう」とコメントしました。


 また、2019年公開予定の映画「善悪の屑」も、配給の日活は新井容疑者逮捕を受け「現在、関係各所と協議」「捜査状況を確認しながら今後の対応を検討」と2月2日に発表。同種のケースとしては、2016年に強姦致傷容疑で逮捕(後に不起訴処分)された俳優の高畑裕太さんが出演していた映画「青の帰り道」が逮捕を受け撮影中止に。その後、代役を立てて再撮影が行われ、2018年12月に公開されています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.