ニュース
» 2019年02月06日 11時45分 公開

NSXから芝刈り機までみんな金ピカ! ホンダ・オーストラリアの50周年祝いがド派手ですごい (1/2)

市販化……はさすがにしないみたい。

[agar,ねとらぼ]

 本田技研工業(ホンダ)の現地法人、ホンダ・オーストラリアが創立50周年を記念して、スーパーカー「NSX」から芝刈り機まで7つの名物製品をど派手な金色にドレスアップして祝いました。

ホンダ・オーストラリアが50周年を記念して製作 ホンダオーストラリアが50周年を記念して製作

 ホンダ製品は1950年代からオーストラリア各地で輸入・販売されてはいましたが、同社によると統一された正規輸入代理店が作られたのが50年前となる1969年だったそうです。1973年には日本でも大衆車としてヒットした初代「シビック」の取り扱いを開始。その後も「NSX(初代)」「インテグラ タイプR」「S2000」といった1990年代の名スポーツカーの数々をはじめ、クルマ、バイク、汎用製品や部品に至るまでのさまざまなものを取り扱ってきました。

日本仕様には存在しない丸目の「インテグラ タイプR」 (参考)日本仕様には存在しない丸目の「インテグラ タイプR」。オーストラリアでは初めて導入されたタイプRだったそうだ

 今回の50周年企画では、この幅広いラインアップの中からホンダを象徴する7製品を厳選。スーパースポーツカー「NSX(現行)」(関連記事)、“FF車最速”の呼び名もある高性能車「シビック タイプR」(関連記事)、スーパースポーツバイク「CBR1000RR」、オフロードバイク「CRF450L」「CRF50F」、オーストラリアで生産している芝刈り機「HRU19Buffalo」(関連記事)、そして携帯型発電機「EU22i」をキラッキラな金ピカ仕様に仕立てました。し、芝刈り機とか発電機まで金ピカにしちゃったのかよ!

 あくまで記念として製作したもので市販化の予定はありませんが、2019年は1年間かけてオーストラリア各地で「金ピカホンダマシン」を披露していくそうです。

芝刈り機まで金ピカに…… 芝刈り機まで金ピカに。何とも神々しいお姿です
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  2. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. ありま猛『連ちゃんパパ』がなぜか突然ネットで流行 「スナック菓子感覚で摂取できる地獄」など悪夢のような感想が集まる
  6. 特別定額給付金の郵送申請は「給付対象者」欄を要チェック うっかり給付金を「希望しない」に印をつけていませんか?
  7. 「家出少女を保護して数年」 有吉弘行、HKT48現役時代から投稿してきた指原莉乃との2ショットをまたも更新(2年ぶり4回目)
  8. 母「とりあえず離婚したよ」 ハッシュタグ「あなたに来たとんでもないLINE」に衝撃ツイート続々
  9. 存在しないはずの“むつ小川原コイン”の謎を追う 「陸上自衛隊で購入した」情報提供者が出現、八戸駐屯地を取材
  10. 「とがったツイートは問題視していません」 小湊鐵道公式Twitter担当者なぜ解任? 小湊鐵道に聞いた