ニュース
» 2019年02月06日 15時30分 公開

おぉぉ、いい音おぉぉぉ! 新型「スープラ」のエキゾーストサウンド、レーサー飯田章選手が投稿 (1/2)

大阪オートメッセではTRDのスープラコンセプトカーが出るそうですよ。

[agar,ねとらぼ]

 日本では2019年春の発売が予定される期待の新型スポーツカー「新型スープラ(A90型)」(関連記事)(フォトギャラリー)。早く見てみたい! という人は多いかと思いますが、早速実物に乗ったと思われるレーシングドライバーの飯田章選手がTwitterに投稿した動画が注目を集めています。

新型「スープラ」 新型「スープラ」(写真:トヨタ自動車)

 飯田選手は自身のツイートで、新型スープラの最上位グレード「RZ」に搭載される3リッター直列6気筒ターボエンジンが発するエキゾーストサウンドの動画を投稿しました。

 新型スープラはBMWのオープンスポーツモデル「Z4」(関連記事)とシャシーを共通とし、エンジンもBMW製ということで“らしさ”を心配する声もあるようですが、いやいやどうでしょう。このレーシーなサウンドには期待が高まります。そもそも“シルキーシックス”と愛され、熱烈ファンが多いBMW製直6エンジンが載るということも、考えてみればすごいことです。

大阪オートメッセで市販車を初披露

 さて新型スープラは、正式発表直前の2019年1月に開催された東京オートサロン2019(関連記事)では、レース参戦を見据えたコンセプトカーとカムフラージュが施された試作車のみでしたが、2019年2月9日〜11日に開催される「大阪オートメッセ2019」では日本仕様の市販版が国内初公開となります。

 ようやく実車を間近で見られるであろうトヨタ自動車ブースは要チェックですが、もう1つ、レース/チューニングパーツ部門のTRD(トヨタ・レーシング・ディベロップメント)ブースにも注目です。

 TRDは新型スープラをベースにした「GRスープラ・パフォーマンスライン・コンセプトTRD」と名付けられたいかにも速そうなコンセプトカーを披露します。TRDといえばト先代の80スープラを元にまるでGTカーのように作り込んだ伝説のぶっ飛びコンプリートカー「TRD 3000GT」を開発し、発売したこともあります。

「大阪オートメッセ2019」にはTRD仕様のスープラが登場予定 「大阪オートメッセ2019」にはTRD仕様のチューニングスープラが登場予定

 今回披露するコンセプトカーも新たな伝説の幕開けとなるのか、また新型スープラがチューニング/アフターパーツの世界やメーカー半純正コンプリートカーの分野などを「ジムニー」(関連記事)と同様に盛り上げてくれることにも期待しましょう。

photo 約2億円で落札されたスープラ量産初号機。このマットグレー×ワンポイントレッドのボディーカラーは、今後のカスタムのお手本になりそうなほどに渋い!
photo (参考)東京オートサロン2019に「魔改造ジムニー」「大変身ジムニー」が集結!
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.