ニュース
» 2019年02月06日 19時10分 公開

「火事作」「炎と謝罪のミルフィーユ」 キンコン西野、炎上続きの相方・梶原への正論正論アンド正論に反響

直接本人に言ってほしい。

[西尾泰三,ねとらぼ]

 お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣さんが2月6日、相方で「カジサック」名義でYouTuberとして活動する梶原雄太さんについてブログを更新。ここ最近その言動が物議を醸している梶原さんに「貴殿は『炎と謝罪のミルフィーユ』」「お笑い偏差値23」「カジサックが頑張れば頑張るほど、カジサックの評判が下がり、私の評判が上がる」など感謝をつづったメッセージをつづりました。火にガソリンを注ぐスタイルさすが。

カジサック 炎上 梶原雄太 YouTuber 西野亮廣 火事作 炎と謝罪のミルフィーユ 偏差値23 貴殿 上沼恵美子 1月末には妻で“ヨメサック”こと未来子さんと共同でInstagramを開設したカジサック(画像はカジサック&ヨメサックInstagramから)

 2018年10月に“カジサック”としてYouTuberデビューし、2019年末までにチャンネル登録者数が100万人に達しなかった場合は「よしもとクリエイティブ・エージェンシー」を辞め、芸人を引退すると宣言している梶原さん。人気YouTuberや他の芸人、家族が出演する動画などを精力的に投稿していますが、ここ最近ではその言動が物議を醸しています。

 例えば、梶原さんが出演した1月18日放送の「快傑えみちゃんねる」(関西テレビ)では、お笑い芸人のサンシャイン池崎さんが両親に贈った新築の一軒家を「公衆便所」と発言。2月に入ると、イベントで共演した評論家の宇野常寛さんが梶原さんの“失礼な絡み”に怒りをあらわにし、「やってることがテレビ的なイジメ芸の縮小再生産で、本当につまんないやつだなと思いました」など猛烈に批判。さらに、後輩芸人が大事にしているスニーカーを“スニッカーズ”に入れ替えるという企画でも炎上するなど、笑えない事態となっています。

カジサック 炎上 梶原雄太 YouTuber 西野亮廣 火事作 炎と謝罪のミルフィーユ 偏差値23 貴殿 上沼恵美子 スニーカーを“スニッカーズ”に入れ替えたドッキリ企画について謝罪するカジサック(画像はYouTubeから)
物議を醸したドッキリ企画
そして謝罪へ

 こうした中、「拝啓、カジサック様」と題したブログで西野さんは、フォローの意図がみじんもないような内容を投稿。芸人引退を掛けたYouTuber化には「『肩書きが変わるだけで、どうせ活動内容は変わらねぇんだろ?』と思われてしまっている上に、相方であるキングコング西野がとっくの昔に芸人を引退しつつ、それでも活動を続けていることを証明してしまっている手前、もはや何のフックにもなっていない」不思議な目標だと冒頭からバッサリ。

カジサック 炎上 梶原雄太 YouTuber 西野亮廣 火事作 炎と謝罪のミルフィーユ 偏差値23 貴殿 上沼恵美子 コレガ……コンビアイ……? (画像は西野亮廣ブログ

 返す刀で、上述したような直近の炎上騒動を紹介しながら、「貴殿は『炎と謝罪のミルフィーユ』」と表現。これらの騒動により相対的に西野さんの好感度が上がったとするネットニュースを取り上げ、「次から次へと火事を作るカジサックは漢字だと『火事作』になるのでしょうか?」「それもこれも、これまで上沼恵美子先生の陰に隠れていたお笑い偏差値23の貴殿が(※ちなみに西野は24)、毎日ありのままの姿をYouTubeでお届けしてくださるおかげ」とつづりました。

 その後も西野さんの筆は走りまくり、“人気者とコラボしてチャンネル登録者数を稼ぐ他力本願っぷり”“『めちゃイケ』のオファーシリーズの岡村さんのパクリとしか思えないその衣装”“よくよく見ると周富徳のようなその顔面”など相方に容赦ないダメだしを重ねながら「誰が何と言おうと、私はカジサックが大好きです」と思いをつづっています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声