ニュース
» 2019年02月07日 17時00分 公開

JR東日本「忘れ物自動通知サービス」全51駅で本格運用を開始 スマホアプリ「MAMORIO」と連携

駅での落とし物を簡単に見つけられそう。

[カナブンさん,ねとらぼ]

 2018年からJR東日本の一部で試験運用されていた「忘れ物自動通知サービス」が、2019年2月18日からサービス範囲を広げて正式運用されることが発表されました。

MAMORIO 忘れ物自動通知サービス

 同サービスは紛失防止デバイスを展開する企業「MAMORIO」と共同運用となるサービスで、MAMORIOが販売する専用のタグを取り付けた所持品が、忘れ物集約駅に届けられると、所在地を持ち主のスマホに通知するサービスです。

MAMORIO 専用タグが付いた所持品が届いたら通知する仕組み

MAMORIO 専用のタグを取り付けて使用

 東京駅、上野駅、大宮駅、千葉駅の4駅は専用アンテナ「MAMORIO Spot」がすでに導入済みで、18日からは横浜駅や成田空港駅、八王子駅といったJR東日本の首都圏の駅のほか、長野駅などの新幹線が停車する駅など、全51駅でサービスが実施されます。

 MAMORIOはJR東日本だけでなく、JR九州、ゆりかもめ、JR西日本などの鉄道各社でも提供されています。

MAMORIO MAMORIO Spot 設置駅一覧(51 駅)

MAMORIO

MAMORIO

MAMORIO

(カナブンさん)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.