コラム
» 2019年02月09日 12時00分 公開

6畳ワンルームに1000冊の本。「本に埋もれる」ではなく「本と暮らす」ための賃貸DIY(1/2 ページ)

建築家が手掛けたDIYケーススタディーを紹介。

[小笹泉(IN STUDIO),ねとらぼ]

 あなたが心地よく過ごし、自由を感じるとき、空間と人の分かちがたい良い関係が結ばれています。それは偶然生まれることもありますが、良い関係のなりたちを理解さえすれば、意図的に設計することができるものです。全ての空間と人は良い関係を結ぶことができると信じて、私たちIN STUDIOは建築設計に取り組んでいます。

 建築設計事務所は建物の新築やリノベーションを設計するのが仕事ですが、そもそも設計をする建築家は、世の中にある空間の成り立ちを理解し、実際に設計をして形にすることで、人や社会を良くする職能をもっています。誤解を恐れずに言えば、建築家は「なんでも設計で今より良くできる」と信じているのです。

 私たちはそれを確かめるために、原状回復が必須の賃貸マンションを対象に、自分自身の手によるDIYの工事にチャレンジすることもあります。ここではそのケーススタディーをひとつご紹介します。

賃貸DIY 1000冊の本と“暮らす”ための部屋

1000冊の本に埋もれる住人

「こんなひどい部屋ですが、どうにかなるんでしょうか」

 そう紹介された部屋は、3×4×2.4メートルのワンルーム。雨戸のシャッターが下ろされた暗い部屋で、住人のU氏は1000冊近い本に埋もれるように生活を送っていました。

「ひどい部屋ではないですよ。たぶんどうにかなります」

賃貸DIY 積み上がった本に囲まれた部屋

 U氏は20代の認知心理学者。仕事場へのアクセスの良さと都市中心での暮らしを求めて、駅徒歩10秒の小さな借家に住んでいます。都市空間の高度利用のため小さく分割された土地に、めいっぱいに建てられた集合住宅、さらに小さく分割された1階のワンルームがU氏の部屋です。

 部屋は約6畳で、窓をあけると常に人が行き交う街路に面しています。街歩きには良い街路ですが、窓を開けて住んでいると通りがかるほぼ全員と目が合ってしまいます。そればかりか、かつては窓越しに変質者と遭遇したり、旅行の留守中に知らない人に住み着かれていたこともあったといいます。そんな事件もあって、窓と雨戸は常に閉まっている状態でした。

 都市は、彼がここに住むことを許さないのでしょうか。

賃貸DIY 街路に面した部屋。昼も夜も、晴れでも雨でも、窓と雨戸が締め切られていました

 U氏の部屋を見回すと、どこを見ても膨大な本が置いてあります。床やカラーボックスはもとより、靴箱や窓台、コンロなどいたるところに本があって、残る平面はベッドと一人がけソファのみです。

 最初はコレクター的に本に囲まれて生活したいのかと思いましたが、そうではありません。ひとりで年に400冊の本を読んでは、部屋にストックをしたり実家に送ったりして、猛烈な勢いで本を消化しています。生活のための持ち物は多くないように見えますが、本はとにかく多い。

 話を聞くに本気の読書家は、本をためすぎて床が抜けたりするそうですが、それだけの量の本はもはや生活空間を左右する大問題です。部屋が本に占拠された結果、部屋でできるのは寝ることだけで、食事と読書は街で済ませているらしい。なるほどU氏は見事に都市生活を実践していますが、一方でU氏の生活は部屋に受け止められていません。

賃貸DIY 部屋中のいたるところにバラバラに置かれた本

 都市プランナーは彼なりの合理性で街路を引き、土地を分割しています。そこに住宅メーカーが、彼なりに最大効率の集合住宅を建設します。結果、現実に発生してるのは私生活の数十センチ先に他人が歩き、膨大な本に埋もれる緊張した空間でした。

 U氏は「ひどい部屋ですが」というのですが、むろんU氏が悪くはありません。U氏の生活と生活空間は、彼が彼のリアリティーをもとに生きた結果です。

 加えて言えば都市が悪いこともありません。街路には人が行き交い、街路樹が生い茂り、店が軒を連ね、文化と活気にあふれています。問題だったのは、都心という場所に対して対応できず、U氏のような特異な(ただし今日においてはリアリティーのある)生活様式に対して対応できなかった量産住宅の形式です。都市と住宅の設計者が空間を生産するとき、限られた空間を生きられる場所にするための想像力が欠如していたのです。

 都市と住宅の設計者から引き継いだこの“意志のない空間”を、改装をする私たちが“生きられる場所”に再設計しなければなりません。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/28/news013.jpg 4コマ“全員医学部出てない”が大惨事の予感しかない 「大至急首にネギを巻くんだ! 生姜湯も飲ませろ!」
  2. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  3. /nl/articles/2201/27/news182.jpg ガンダムがスノボやってる!? ゲレンデをさっそうと滑るコスプレボーダーが「連邦の面白い悪魔」と人気
  4. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  5. /nl/articles/2201/28/news085.jpg 「だれかわからなかった」 国生さゆり、今年初ソロショットで茶髪ボブへ大胆イメチェン 好評の声へ「可愛いと自覚致します」
  6. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  7. /nl/articles/2201/28/news141.jpg 米43歳の元人気子役、2年のドラッグ断ちですっかり別人に! 「歯がなくて座っていられなかった」過去から復活へ
  8. /nl/articles/2201/28/news081.jpg 水族館「オニカマス展示中です」→魚クラスタ「ヤシャカマスでは?」 野生の魚博士が間違いを発見、水族館に経緯を聞いた
  9. /nl/articles/2201/27/news165.jpg パパ、気を確かに! ベッカム「娘に好きな人がいるっていわれた」絶望フェースが世界中の父親に突き刺さる
  10. /nl/articles/2201/28/news050.jpg 「もう無理……」 虚無感漂う置物「いろいろむりになってきたカエル」がじわじわくるかわいさ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」