ニュース
» 2019年02月09日 17時00分 公開

これ読める? JR東海が新駅名「御厨駅」を発表、新たな難読駅名が生まれたと話題に

お……お……おちゅう!

[カナブンさん,ねとらぼ]

 JR東海が2020年に開業予定の新駅の名称を公開しました。その名も「御厨(みくりや)駅」。さっそくネット上では新たな難読駅名だと話題になっています。

御厨駅 難読すぎる…

 御厨駅は、静岡県磐田市に設置される新しい駅で、東海道本線の袋井駅から4.6キロ、磐田駅から3.2キロの位置に開業する予定となっています。駅番号は30で、橋上式の駅舎で2面2線ホームとなっており、橋上駅舎に2基、自由通路に3基のエレベーターが設置されます。

御厨駅 御厨駅の完成イメージ
御厨駅 新駅位置

 全国各地にある難読駅名の仲間入りを果たしそうな御厨駅周辺は、工業が盛んな地域であるほか、徒歩数分の距離にサッカーチーム「ジュビロ磐田」のホームである競技場「ヤマハスタジアム」があるなど、新駅には経済と利便性の両方で活躍に期待されています。


(カナブンさん)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.