ニュース
» 2019年02月10日 12時40分 公開

100均アイテムで思い出が残せる! 着られなくなった子ども服を“くるみボタン”にするアイデアがお見事

すぐ100均行こう。

[Kikka,ねとらぼ]

 サイズが小さくなって着られなくなった子ども服を、“くるみボタン”にして残すアイデアがTwitterで「すごく素敵」「とても良いアイデア」と共感を呼んでいます。これはいい。

 思い入れが強かったり、かわいくてついつい捨てられなかったりという洋服ならではの悩みを解決するアイデアを投稿したのは、Twitterユーザーのきゅうり。ノ(@p_m_oO)さん。

 「サイズアウトした息子の服を捨てるのはなんだか悲しくて、取って置くのは邪魔になるしと悩んでいたけど、くるみボタンにすれば可愛く思い出として取っておける!!」と投稿したところ、4日で2万6000件以上の“いいね”を集めました。


くるみボタン

 用意するものは気に入っている洋服と100円均一などでも販売されている「くるみボタン製作キット」だけ。ワンポイント刺しゅうなど、気に入っている部分をカットしてボタンにくるめば、サイズは小さくとも思い出はそのまま残せます。


くるみボタン

 このアイデアには「めちゃくちゃ素敵な良い情報ありがとうございます」「真似させていただいてもいいですか?」といったコメントが上がっている他、「これなら思い出の柄やシミなんかも笑 取っておけますね!」「ボタンの糸通しの部分を取り除いて(ニッパーとラジオペンチを使う)、フェルトとピンを付けるとバッジに変身します」「グルーガンでマグネットをつけると磁石になりますよ」と派生アイテムに関するアイデアが続々。

 きゅうり。ノさんはこのくるみボタンを瓶に詰めた画像を添えて、「これからもどんどん増えていくんだなぁ」と締めくくっています。


くるみボタン

 子ども服はもちろんですが、大人用のお気に入りの洋服やシーツ、ハンカチなどさまざまな使い方ができそうなこのアイデア。ぜひやってみたいですね。

画像:きゅうり。ノ(@p_m_oO)さん

(Kikka)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/16/news008.jpg 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  2. /nl/articles/2110/15/news148.jpg 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  3. /nl/articles/2110/16/news042.jpg 木村カエラ&永山瑛太、仲睦まじい美術館デートに反響 「素敵!」「ご夫婦で行かれたのですね」とファンほっこり
  4. /nl/articles/2110/16/news014.jpg “いけにえ”に出された娘が望むのは…… かわいそうな話からの強火すぎる漫画に「このヒロイン大好き」「いいぞもっとやれ」
  5. /nl/articles/2110/15/news028.jpg 【漫画】好きでもないケーキを毎週買いに来るおじさん客、いら立ったバイトが“イジワル”をしかけると…… すれ違いから始まる交流に涙
  6. /nl/articles/2110/16/news040.jpg 浜田雅功&小川菜摘、32回目の結婚記念日に仲よし夫婦ショット 息子からの祝福&プレゼントに笑顔で「嬉しい〜!」
  7. /nl/articles/2106/06/news011.jpg 号泣する2歳児に黒猫が寄り添うと…… 子どもをあやしてくれる兄のような猫ちゃんにほっこり
  8. /nl/articles/2110/15/news145.jpg 仲里依紗、運転免許証も鮮やかなブルーの髪色で 派手さマシマシの写真公開し「2026年までこれか〜」
  9. /nl/articles/2006/13/news011.jpg 王子が一目ぼれしたガラスの靴の少女、その正体は……? 童話みたいにいかないラブコメ漫画に「続きが気になる」の声
  10. /nl/articles/2110/16/news017.jpg よくある「パワータイプの弟と頭脳タイプの兄」……と思ったら? 全部盛りな兄とかわいいだけの弟の漫画がギャップ萌えのような何か

先週の総合アクセスTOP10