ニュース
» 2019年02月10日 19時45分 公開

冴羽リョウのセリフに大歓声! 神谷明らメインキャストが集結した「劇場版シティーハンター」公開記念舞台あいさつ

「俺を呼んだのは、“君たち”だろ?」。

[宮澤諒,ねとらぼ]

 「劇場版シティーハンター<新宿プライベート・アイズ>」が2月8日に上映開始したことを受け、同作のゆかりの地である新宿で9日、公開記念舞台あいさつが実施。原作者の北条司さん、こだま兼嗣監督、主要キャストの神谷明さん(冴羽リョウ役)、伊倉一恵さん(槇村香役)、飯豊まりえさん(進藤亜衣役)、山寺宏一さん(御国真司役)、戸田恵子さん(来生瞳・泪役)が登壇しました。

※リョウは、「けものへん」に「寮」

シティーハンター 新宿プライベート・アイズ 神谷明 伊倉一恵 飯豊まりえ 山寺宏一 戸田恵子 北条司 こだま兼嗣 キャッツ・アイ 左から、北条司さん、こだま兼嗣監督、伊倉一恵さん、神谷明さん、飯豊まりえさん、山寺宏一さん、戸田恵子さん

 同作は、シリーズ通算4作目となる劇場版作品。冴羽リョウ役の神谷さんや、槇村香役の伊倉さんら、オリジナルキャストが再集結しており、北条さんの人気作である「キャッツ・アイ」(「・」はハートマーク)の来生三姉妹が登場することも話題になっています。

 舞台あいさつでは、詰めかけたファンからの盛大な拍手に迎えられて登場したキャストたち。こだま監督は、公開されたいまが一番緊張している時期だそうで、「作っているときは、シティーハンターを作りたい携わりたいというスタッフに囲まれて毎日楽しく過ごしていたんですけど、公開になってちょっと不安になっています」と自信なさげにぽつり。しかし、観客の反応に勇気付けられたようで、「こうやって舞台あいさつに参加して、皆さんの喜ぶ顔を見て、ほっとしています」と笑顔で語りました。

舞台あいさつの様子は映像でもまとめています

 来生三姉妹の出演について、原作者の北条さんは「来たか、と。いつかは来ると思っていましたが、このタイミングとは思わなかったです」としみじみ。キャスティングについては、プロデューサーの諏訪道彦さんのブログに詳しく書かれており、制作時に藤田淑子さんに来生泪役を演じられないかとマネジャーを通じて相談していたようですが、体調を考慮して収録はかなわず。泪の声は、「公私ともに本当に姉妹のように過ごしてきました」と話す瞳役の戸田さんが自ら代役を申し出て演じることになりました。

 およそ20年ぶりの新作となった今回の劇場版。オファーを受けた際、神谷さんは「声よりも演技のテンポとかスピード感」に不安があったようですが、共演していた仲間の声を聞いたことで、「懐かしいと同時に、先週まで放送してたんじゃないかってぐらいの熱気を感じました」と当時の感覚を取り戻したもよう。舞台あいさつの冒頭でも、「俺を呼んだのは、“君たち”だろ?」とリョウのセリフで観客を沸かせていました。

 また伊倉さんも、「神谷さんの『もっこり』を聞いて、いきなりハンマーで殴り飛ばしたら『いけるかも』ってなりました。相変わらずの見事なもっこりでした(笑)」と、収録を振り返っていました。

 デビュー2年目のころに、リョウのやられ役としてさまざまな役柄で出演していた山寺さんは、今作ではリョウの敵で香の幼なじみのIT企業経営者・御国真司役を担当。劇場版の制作はネットの記事で知ったそうで、「リョウさんにやられる役でもいいし、なんならドローンの音でもなんでもいいので出たい」と強く思っていたようです。結果として、御国という大役をもらったことを大いに喜んでいる様子でした。

シティーハンター 新宿プライベート・アイズ 神谷明 伊倉一恵 飯豊まりえ 山寺宏一 戸田恵子 北条司 こだま兼嗣 キャッツ・アイ 神谷さんたちは自分にとってもレジェンドと話す山寺さん

 また、今回初めて声優に挑戦したモデルで女優の飯豊さんは、「OPに亜衣ちゃんが出て、自分の名前が入っているということがすごく不思議で、言葉に表せないくらいうれしかったですし、一生の宝物です」と、緊張で声を詰まらせながらコメント。神谷さんは、「まりえちゃんの一言を聞いただけで『大丈夫、いける』」と思ったそうで、「セリフの端々にある、いまを生きている若者の息吹みたいなもの、さらにはまりえちゃんの持っているかわいらしさが出ていて、最高のキャスティングだと思いました」と絶賛。

 さらに、「皆さん、(飯豊さんの演技を)ご覧になっていかがでしたか」と客席に意見を求めると、大きな拍手が沸き起こり、飯豊さんは深々と頭を下げながら感謝の言葉を伝えていました。Twitterでも飯豊さんの演技を評価する声は多く、デビュー作ながら最高のスタートを切れたようです。

シティーハンター 新宿プライベート・アイズ 神谷明 伊倉一恵 飯豊まりえ 山寺宏一 戸田恵子 北条司 こだま兼嗣 キャッツ・アイ こだま監督も、飯豊さんの演技をほめちぎっていました

 最後に神谷さんは「シティーハンターは、皆さんの支えがなければ、このような劇場版になることもありませんでしたし、今後の展開もないと思います。ぜひこれからも、皆さんのお力を本当にお借りしたいと思います。末永く見守っていただきたいと思います。ありがとうございました!」と呼びかけていました。


(C)北条司/NSP・「2019 劇場版シティーハンター」製作委員会

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/18/news019.jpg 甘えん坊な猫ちゃん、起きた瞬間飼い主に向かって…… 胸キュンなかまってアピールに「こんなんズルい!」
  2. /nl/articles/2109/17/news049.jpg 100均で三角コーンを欲しがる2歳娘→家に帰って遊び始めたら…… 年齢に見合わぬ高度なギャグセンスを描いた漫画につい笑顔になってしまう
  3. /nl/articles/2109/17/news161.jpg はなわ、横浜の新居ルームツアーで家族圧倒 おしゃれな変身を遂げた広いリビングに「すばらしいおうち」
  4. /nl/articles/2109/17/news014.jpg 自分を拾ってくれた先住ワンコのことが好きすぎる保護子猫 早朝から「遊ぼうよー!」と甘える姿がいとおしい
  5. /nl/articles/2109/18/news048.jpg 想像以上にやばい 武田久美子、バスタブでまさかの“大クラッシュ”「あちこち切れてしまいました。。」
  6. /nl/articles/2108/19/news035.jpg 石見銀山の「景観に配慮した自動販売機」がステキと話題 設置のいきさつなど聞いた
  7. /nl/articles/2109/16/news030.jpg 転校生が一言もしゃべらない、と思っていたら……? 黙り続ける理由が判明していく漫画がジーンとくる
  8. /nl/articles/2109/17/news054.jpg 御茶ノ水駅に“お茶と水だけ販売”する自販機が登場 「こういうセンス好き」「普通に需要がある」と話題に 設置の経緯を聞いた
  9. /nl/articles/2109/17/news011.jpg インコ「のっしのっし……」→「シャキーン!」 堂々と登場するインコの姿が何回も見たくなるほど面白かわいい
  10. /nl/articles/2109/17/news127.jpg 市川海老蔵、小林麻央さんと暮らした家が“けいこ場”に改装完了 子どもたちの“ルームツアー動画”に反響

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」