ニュース
» 2019年02月10日 19時45分 公開

冴羽リョウのセリフに大歓声! 神谷明らメインキャストが集結した「劇場版シティーハンター」公開記念舞台あいさつ

「俺を呼んだのは、“君たち”だろ?」。

[宮澤諒,ねとらぼ]

 「劇場版シティーハンター<新宿プライベート・アイズ>」が2月8日に上映開始したことを受け、同作のゆかりの地である新宿で9日、公開記念舞台あいさつが実施。原作者の北条司さん、こだま兼嗣監督、主要キャストの神谷明さん(冴羽リョウ役)、伊倉一恵さん(槇村香役)、飯豊まりえさん(進藤亜衣役)、山寺宏一さん(御国真司役)、戸田恵子さん(来生瞳・泪役)が登壇しました。

※リョウは、「けものへん」に「寮」

シティーハンター 新宿プライベート・アイズ 神谷明 伊倉一恵 飯豊まりえ 山寺宏一 戸田恵子 北条司 こだま兼嗣 キャッツ・アイ 左から、北条司さん、こだま兼嗣監督、伊倉一恵さん、神谷明さん、飯豊まりえさん、山寺宏一さん、戸田恵子さん

 同作は、シリーズ通算4作目となる劇場版作品。冴羽リョウ役の神谷さんや、槇村香役の伊倉さんら、オリジナルキャストが再集結しており、北条さんの人気作である「キャッツ・アイ」(「・」はハートマーク)の来生三姉妹が登場することも話題になっています。

 舞台あいさつでは、詰めかけたファンからの盛大な拍手に迎えられて登場したキャストたち。こだま監督は、公開されたいまが一番緊張している時期だそうで、「作っているときは、シティーハンターを作りたい携わりたいというスタッフに囲まれて毎日楽しく過ごしていたんですけど、公開になってちょっと不安になっています」と自信なさげにぽつり。しかし、観客の反応に勇気付けられたようで、「こうやって舞台あいさつに参加して、皆さんの喜ぶ顔を見て、ほっとしています」と笑顔で語りました。

舞台あいさつの様子は映像でもまとめています

 来生三姉妹の出演について、原作者の北条さんは「来たか、と。いつかは来ると思っていましたが、このタイミングとは思わなかったです」としみじみ。キャスティングについては、プロデューサーの諏訪道彦さんのブログに詳しく書かれており、制作時に藤田淑子さんに来生泪役を演じられないかとマネジャーを通じて相談していたようですが、体調を考慮して収録はかなわず。泪の声は、「公私ともに本当に姉妹のように過ごしてきました」と話す瞳役の戸田さんが自ら代役を申し出て演じることになりました。

 およそ20年ぶりの新作となった今回の劇場版。オファーを受けた際、神谷さんは「声よりも演技のテンポとかスピード感」に不安があったようですが、共演していた仲間の声を聞いたことで、「懐かしいと同時に、先週まで放送してたんじゃないかってぐらいの熱気を感じました」と当時の感覚を取り戻したもよう。舞台あいさつの冒頭でも、「俺を呼んだのは、“君たち”だろ?」とリョウのセリフで観客を沸かせていました。

 また伊倉さんも、「神谷さんの『もっこり』を聞いて、いきなりハンマーで殴り飛ばしたら『いけるかも』ってなりました。相変わらずの見事なもっこりでした(笑)」と、収録を振り返っていました。

 デビュー2年目のころに、リョウのやられ役としてさまざまな役柄で出演していた山寺さんは、今作ではリョウの敵で香の幼なじみのIT企業経営者・御国真司役を担当。劇場版の制作はネットの記事で知ったそうで、「リョウさんにやられる役でもいいし、なんならドローンの音でもなんでもいいので出たい」と強く思っていたようです。結果として、御国という大役をもらったことを大いに喜んでいる様子でした。

シティーハンター 新宿プライベート・アイズ 神谷明 伊倉一恵 飯豊まりえ 山寺宏一 戸田恵子 北条司 こだま兼嗣 キャッツ・アイ 神谷さんたちは自分にとってもレジェンドと話す山寺さん

 また、今回初めて声優に挑戦したモデルで女優の飯豊さんは、「OPに亜衣ちゃんが出て、自分の名前が入っているということがすごく不思議で、言葉に表せないくらいうれしかったですし、一生の宝物です」と、緊張で声を詰まらせながらコメント。神谷さんは、「まりえちゃんの一言を聞いただけで『大丈夫、いける』」と思ったそうで、「セリフの端々にある、いまを生きている若者の息吹みたいなもの、さらにはまりえちゃんの持っているかわいらしさが出ていて、最高のキャスティングだと思いました」と絶賛。

 さらに、「皆さん、(飯豊さんの演技を)ご覧になっていかがでしたか」と客席に意見を求めると、大きな拍手が沸き起こり、飯豊さんは深々と頭を下げながら感謝の言葉を伝えていました。Twitterでも飯豊さんの演技を評価する声は多く、デビュー作ながら最高のスタートを切れたようです。

シティーハンター 新宿プライベート・アイズ 神谷明 伊倉一恵 飯豊まりえ 山寺宏一 戸田恵子 北条司 こだま兼嗣 キャッツ・アイ こだま監督も、飯豊さんの演技をほめちぎっていました

 最後に神谷さんは「シティーハンターは、皆さんの支えがなければ、このような劇場版になることもありませんでしたし、今後の展開もないと思います。ぜひこれからも、皆さんのお力を本当にお借りしたいと思います。末永く見守っていただきたいと思います。ありがとうございました!」と呼びかけていました。


(C)北条司/NSP・「2019 劇場版シティーハンター」製作委員会

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」