ニュース
» 2019年02月12日 21時45分 公開

「素晴らしくパンチのある賞」 “ふんどし界のニューヒロイン”浅川梨奈、ベストフンドシスト受賞に歓喜

ベストフンドシスト……?

[西尾泰三,ねとらぼ]

 1月にアイドルグループ「SUPER☆GiRLS」を卒業し、女優としての道を歩み始めた浅川梨奈さんが2月12日、日本ふんどし協会主催の「ベストフンドシストアワード2018」を受賞し、Twitterでその喜びをつづりました。ふんどし界をうならせる“血スケ”すごい。


 グラビアなどでは“1000年に一度の童顔巨乳”というキャッチコピーでも知られた浅川さんがまさかのフンドシストを受賞。なお、今回、大賞に輝いたのはバーレスクの男性版「ボーイレスクショー Betterfly TOKYO」を主催し、ふんどし姿のダンサーとしても活躍する「平成ノブシコブシ」吉村崇さん。また、お笑い芸人でYouTuberのせやろがいおじさんも受賞した他、主演映画「麻雀放浪記2020」(4月5日公開)でふんどし姿を披露している俳優の斎藤工さんが“期待の新人賞”に輝いています。

浅川梨奈 ベストフンドシスト 2018 日本ふんどし協会 血まみれスケバンチェーンソーRED 1月に実施されたエイベックスマネジメント所属タレントの晴れ着撮影会で晴れやかな笑顔を見せる浅川さん(関連記事

 該当者なしとして開催されなかった2016年を除くと2012年から毎年行われている同アワード。女優が受賞するのは2015年度の内田理央さん以来ですが、この2人に共通するキーワードは“血まみれスケバンチェーンソー”です。

 『コミックビーム』(エンターブレイン)で2017年まで連載されていた三家本礼さんの漫画作品を実写化した映画「血まみれスケバンチェーンソー」(2016年公開)で、内田さんは自前の改造チェーンソーで迫りくる改造ゾンビをバッタバッタと切り刻む主人公で無類派スケバンの鋸村ギーコを熱演。セーラー服&ふんどしという斬新なスタイルがベストフンドシスト受賞の要因となりました。

 一方、浅川さんは同作のキャストを一新し、4DX仕様にしたリブート作品「血まみれスケバンチェーンソーRED」(2月22日公開)でギーコを演じており、くしくも同じ作品でのふんどし姿披露が“ふんどしの普及に貢献”したと判断されたようです。

浅川梨奈 ベストフンドシスト 2018 日本ふんどし協会 血まみれスケバンチェーンソーRED 前後編で上映される浅川梨奈さん主演の「血まみれスケバンチェーンソーRED」(画像は同作公式サイト

浅川梨奈 ベストフンドシスト 2018 日本ふんどし協会 血まみれスケバンチェーンソーRED 2016年公開の映画「血まみれスケバンチェーンソー」での内田さん(関連記事) (C)2016三家本礼・KADOKAWA刊/VAP

 浅川さんはTwitterで、同賞受賞の表彰状を手にした写真とともに、「(血まみれスケバンチェーンソーREDで)体張ってよかった」「素晴らしくパンチのある賞をありがとうございます!」と受賞の喜びをツイート。ファンからは「浅川さんのふんどしへの貢献がきっと、ふんどし界の未来を明るく照らしてくれたことと思います」「この際、2連覇目指すのもいいかも」「宮沢りえさん以来のふんどしカレンダー期待」など、女優としてだけでなく、フンドシストとしての今後にも期待する声が上がっています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう