ニュース
» 2019年02月14日 19時15分 公開

とんでもねぇもん見ちまったぜ トヨタ「MR2」をキムワイプ風にカスタムした痛車が発見される

その発想と行動に敬意を表したい。

[haruYasy.,ねとらぼ]

 トヨタが80年代から90年代にかけて販売した名車「MR2」を、理系の間でカルト的な人気を得ている紙ウエス「キムワイプ」っぽくカスタムされた痛車が見つかり、Twitter上で大きな話題になっています。

キムワイプ 痛車 MR2 キムワイプ風にカスタムされたMR2が見つかる

 キムワイプMR2を発見したのはTwitterユーザー・アグレッサー(@TYPE10MBT)さん。某所にあるスーパーマーケットを訪れたときに、駐車場に止まっているのを見つけたそうです。投稿は1万2000回以上もリツイートされ、「キムワイプwww」「理系の三種の神器の1つ」「広報車かな?」などと注目を集めています。

キムワイプ 痛車 MR2 横から見てもすごい

 白色のボディに緑色のラインが走り、ボンネットやルーフにあしらわれた「キムワイプ」のロゴ。どこからどう見てもキムワイプすぎるデザインに仕上げられており、Twitter上で寄せられていた「自走式キムワイプ!?」という反応もよくわかります。

 発見者のアグレッサーさんも、特徴的すぎるカラーリングから一目見て「キムワイプだ!」と気がつき、「ああ、スゲェのが居やがる」と夢中で写真を撮ったそうです。仕方ないね、だって理系はキムワイプに抗えないもの……。

キムワイプ 痛車 MR2 キムワイプとはこれのこと(画像は日本製紙クレシアより)
キムワイプ 痛車 MR2 こんな感じで使われています(画像は日本製紙クレシアより)

 ちなみにキムワイプは医療、研究、工業など、幅広い分野で活躍している使い捨ての紙ウエス(ふきん)。ティッシュの代わりとして日常的に使うという人もいますが、主に理系の現場で器具の清掃などに使われている製品です。

春山優花里@haruYasy.

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう