ニュース
» 2019年02月08日 19時15分 公開

意外とえぇやん! 日産「マーチ」をGT-R50 by イタルデザイン風に魔改造したカスタムカー爆誕、学生チームが制作

まさかの組み合わせにびっくり。

[haruYasy.,ねとらぼ]

 日産自動車のコンパクトカー「マーチ」をGT-R誕生50周年を記念して作られた「Nissan GT-R50 by Italdesign」っぽく改造したカスタムカー「Itachi」が注目を集めています。

GT-R50 マーチ イタルデザイン 日産京都自動車大学校 日産京都自動車大学校カスタマイズ科の生徒たちが作ったR50風マーチ「Itachi」

 GT-R50は、日産自動車が世界に誇るスーパーカーブランド「GT-R」の誕生50周年を記念して、同じく50周年を迎えたイタリアのデザイン企業「イタルデザイン」とコラボした作られた限定モデル。2018年末には市販モデルを約1億2700万円で販売することが発表され、世界中のGT-Rファンから大きな注目を集めました。

 そんな特別な「R」であるGT-R50のデザインをマーチ(K-13)で再現したというカスタムカー「Itachi」を作り上げたのは、日産京都自動車大学校で昨年度に新設されたばかりのカスタマイズ科の生徒たち。同校の公式Twitterで紹介されています。

 イタルデザインが手がけた独特なフロントデザインを、マーチという小型車のサイズに合わせて再現しており、2018年7月に英国で開催されたモーターイベント「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」にて披露されたワンオフモデルのプロトタイプを彷彿(ほうふつ)とさせます。

GT-R50 マーチ イタルデザイン 日産京都自動車大学校 違和感なく構築されているR50の特徴的なフロントデザイン

 漆黒のボディにアクセントになるサイドミラーのゴールドのほか、内装までもGT-R50をしっかりと意識した仕上がりとなっています。生徒たちの自由な発想から生まれたチャレンジですが、ここまでしっかりと取り組んだカスタムカーであれば、この経験はとても意義のあるものでしょう。

GT-R50 マーチ イタルデザイン 日産京都自動車大学校 グリルにはGT-R……ではなくIM-Rのエンブレムも
GT-R50 マーチ イタルデザイン 日産京都自動車大学校 内装もR50を意識したデザイン

 完成したItachiは2019年2月9日から11日まで、インテックス大阪で開催されるモーターイベント「大阪オートメッセ」で展示される予定。イベントの入場料は2700円(税込)となっています。

GT-R50 マーチ イタルデザイン 日産京都自動車大学校 GT-R50 by イタルデザインとマーチが融合
GT-R50 マーチ イタルデザイン 日産京都自動車大学校 制作中の様子

画像提供:日産京都自動車大学校

記事初出時にマーチを軽自動車としていましたが正しくはコンパクトカーでした。お詫びして訂正いたします。

春山優花里@haruYasy.

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう