ニュース
» 2019年02月15日 08時00分 公開

虫が描かれてないから怖くない! アース製薬、デザインが簡素な「虫ゼロ缶」スプレーを導入

虫のイラストがイヤで敬遠していた人に朗報。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 害虫対策にスプレーを常備しておきたいけれど、缶に描かれた虫のイラストがイヤで手に取れない――。そんな声に応え、アース製薬が既存の虫ケア用品(※)に「虫ゼロ缶」デザインを導入し、2月20日に発売します。虫の姿など一切なくて、色もかわいい。

※アース製薬は2017年10月、「殺虫剤」の呼称を「虫ケア用品」に改めている(関連記事

虫ゼロ缶 イヤなイラストがなくて、部屋になじみやすいメリットも

 虫ゼロ缶が採用されるのは、ハエ・蚊用の「アースジェット」とゴキブリ用の「ゴキジェットプロ」、アリやダニといった不快害虫用の「虫コロリアーススーパージェット」(いずれも450ミリリットル入り/オープン価格)。店頭には商品名入りのシールが貼られた状態で出されますが、はがしてしまえばスッキリしたデザインになります。もっとも、虫ケア用品とは分かりにくくなるので、家族がほかのスプレーと間違えないよう周知は必要です。


アースジェットアースジェット アースジェット

ゴキジェットプロゴキジェットプロ ゴキジェットプロ

虫コロリアーススーパージェット虫コロリアーススーパージェット 虫コロリアーススーパージェット。いずれも流行のジオメトリック柄

 近年、同社のお客様相談室に多数寄せられている、「パッケージの虫のイラストが嫌」「イラストがリアルで部屋に置きたくない」といった意見を受けての施策。同様の取り組みは「KINCHO」ブランドの大日本除虫菊も2018年に行っており(関連記事)、虫が苦手な人にありがたい流れが続いています。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.