ニュース
» 2019年02月18日 19時35分 公開

フィフィ、蓮舫議員に怒りのツイート→謝罪へ 児童虐待防止法改正の事実誤認で炎上

蓮舫議員「大手メディアもファクトチェックをせずに記事を配信しているようで…、残念です」

[西尾泰三,ねとらぼ]

 タレントのフィフィさんが、立憲民主党の蓮舫参院議員について、2004年(平成16年)に「児童虐待防止法改正に反対した」と投稿し大きな反響が寄せられていた件で、蓮舫議員などから事実誤認の反論を受け、謝罪とともに当該ツイートを削除しました。

フィフィ 蓮舫議員 児童虐待防止法 謝罪 デマ フェイクニュース 誤った言説で謝罪に至ったフィフィさん(画像はフィフィTwitter

 フィフィさんは、2004年の児童虐待防止法改正において、蓮舫議員が“警察の積極的介入を盛り込んだ”法改正に反対したと指摘。千葉県で小学4年生女児が死亡し、両親が傷害容疑で逮捕された事件について、「どうして現政権を責めることができるのか」「あなたは本当に国民の側に向いているのですか?」などと批判し、蓮舫氏の真意を問いただそうとするツイートを2月17日に投稿していました。

 大きな反響を呼んだフィフィさんのツイートに、蓮舫議員はTwitterで「誤解が流布されている」と主張。蓮舫議員は2004年7月11日の第20回参議院議員通常選挙で初当選して政界入りのため、それから約3カ月前の4月に公布されている法律に反対したという事実はないこと。また、議員となってからは“児童虐待をなくすための活動に力を入れている”として、公式サイトにも当時の議事録などを掲載しながらフィフィさんの主張に反論しました。


フィフィ 蓮舫議員 児童虐待防止法 謝罪 デマ フェイクニュース 自身のサイトでは当時の議事録などを公開(画像は蓮舫 | れんほう 参議院議員Webサイトから)

 その後、フィフィさんは、蓮舫さんが所属する立憲民主党から直接電話で事象の時系列を誤認していることを指摘されたそうで、「謝罪の念をこめツイートは削除という対応を取らせて頂きました」と当該ツイートを削除したことを報告。しかし、謝罪のツイートも当初は「その後議員としてどのような働きかけをしたのか、そこにまだ疑問が残りますが」などの文言がありましたが、これを削除。該当部分を削った内容を再ツイートしています。


 この間、複数のメディアではフィフィさんの最初のツイートを基にした記事が幾つか公開され、「事実関係について十分に確認しないまま、掲載をしてしまいました」などとして記事を削除し謝罪するメディアも。蓮舫議員は「大手メディアもファクトチェックをせずに記事を配信しているようで…、残念です」と憤るツイートをしており、そこにフィフィさんの謝罪ツイートがレスの形で付けられています。


 その後、「誤認じゃなくてデマなのでは。その情報の出所はどこなんですか?」など、謝った情報を拡散したことに厳しい意見が多数寄せられる事態に。ソースの提示を求める声にフィフィさんは、公明党の辻義隆大阪市会議員が2010年にブログで記した「児童虐待防止法を骨抜きにした民主党」を元ネタにしたことを明かしました(その後ツイートは削除)。

 同エントリでは「警察官の立ち入り調査を、民主党の大反対によって、削ってしまった」という文が確認できますが、警察介入については、さらなる議論が必要な内容として当時の改正案には盛り込まないことで与野党の合意形成が図られ、参議院も全会一致で可決されています。辻さんはTwitterで「警察介入を阻んだ民主党を選んだのは事実で、おかしいと思うなら、党内で党の方針を覆すべきだったのでは?」「蓮舫さんも警察との連携を主張されているとのことなので、今からでも超党派でお願いしたい」などと主張しています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響