ニュース
» 2019年02月24日 14時57分 公開

「お変わりなくカッコいい!!」 相川七瀬&清春、90年代彩ったロックスターの2ショットに青春時代がよみがえる

何年たっても格好良すぎる2人。

[川上酒乃,ねとらぼ]

 歌手の相川七瀬さんが2月24日、ミュージシャンの清春さんとの2ショットをInstagramに投稿。90年代の日本の音楽界を盛り上げたロックスターの2ショットに、ファンからは「大好き過ぎるお2人」などの声が寄せられています。

清春 相川七瀬 90年代 ロック 20年ぶり ステキに年を重ねた2人(画像は相川七瀬Instagramから)

 20年ぶりくらいに清春さんと再会したという相川さん。ライダースジャケットを着た清春さんの隣でピースサインした写真を投稿し、「お変わりなくカッコいい!!」と感激した様子のコメントをつづっています。黒い服がビシッと決まってる。

 90年代のロックシーンを駆け抜けた2人。相川さんはウルフカットに真っ赤なルージュという女性の強さを打ち出したスタイルで、1995年に「夢見る少女じゃいられない」でデビューしてから、「LIKE A HAND RAIN」(1996年)、「恋心」(同)、「トラブルメイカー」(1997年)など次々とヒット曲を発表。清春さんも1991年に結成されたロックバンド「黒夢」が1994年に「for dear」でデビューすると、ハードコアな曲調や鋭い歌詞で多くのファンを獲得し、「SEE YOU」(1996年)、「少年」(1997年)、「MARIA」(1998年)などの名曲を生み出しました。

清春 相川七瀬 90年代 ロック 20年ぶり 「1997.10.31 LIVE AT 新宿LOFT」(1997年)のジャケットより(画像はAmazon.co.jpから)
清春 相川七瀬 90年代 ロック 20年ぶり 「LIKE A HAND RAIN」(1996年)のジャケットから(画像はAmazon.co.jpから)


 2018年12月には、5夜連続でDJが日替わり生放送するNHKラジオ「RADIO 1990」に、90年代を盛り上げたミュージシャンとして出演した2人。別々の日のDJとして出演したため共演はかないませんでしたが、相川さんはブログに1990年当時のことやデビューの頃の話を1時間たっぷり語ったとうれしそうにつづり、「1990年って本当に音楽が街に溢れていていい時代だったなとあらためて思いました」と当時を振り返って懐かしんだようでした。

清春 相川七瀬 90年代 ロック 20年ぶり ラジオに生出演中の相川さん(画像は相川七瀬オフィシャルブログから)

 思わず当時の名曲とともに90年代の思い出がよみがえりそうな2ショットに、ファンからは「凄いお写真です!」「自分の好きなミュージシャン男性1位と女性1位の2ショットです!」「大好き過ぎるお2人」と感激するコメントが寄せられています。カラオケに行って大声で歌いたくなってしまう。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10