ニュース
» 2019年02月26日 14時08分 公開

「苦しくて怖くて」「白い目で見られて」 釈由美子が“パニック症”だった過去を告白、ファンから共感の声も

10代後半に発症。

[のとほのか,ねとらぼ]

 女優の釈由美子さんが2月26日、10代後半にパニック症を発症したことをブログで明かしました

釈由美子 パニック症 世界一受けたい授業 パニック症だった過去を告白した釈さん(画像は釈由美子オフィシャルブログから)

 ゲストとして出演する3月2日放送のバラエティー番組「世界一受けたい授業」(日本テレビ系)で、パニック症を患っていた過去の体験談を語っていることを明かした釈さん。「職業柄、こういった内容を告白するのはとても勇気がいる」と戸惑いをのぞかせた上で、パニック症に対する周囲の理解をより深めるため今回の告白に至った理由を説明しました。

 30代となった現在は、薬に頼らず生活できるほど回復したようですが、当時は「苦しくて怖くていつ過呼吸が起きるか不安でたまらなかった」と恐怖に襲われる日々が続いていたとのこと。周囲からは、「白い目で見られて、肩身が狭く感じていた」と冷ややかな反応もあったようで、思い悩んでいたことも。ブログの最後では、「無理しないで、自分のペースでぼちぼちいきましょう」と同じ症状に悩む人へ向けてエールを送りました。

釈由美子 パニック症 世界一受けたい授業 現在は家族に囲まれ、「超健康的な生活を送っていられるおかげで毎日あははって笑ってる」と釈さん(画像は釈由美子オフィシャルブログから)

 釈さんの告白にコメント欄では、「釈さんの気持ち分かります」「芸能人の方の告白はとても勇気がいると思いますが、少しずつでも世間の理解が深まる大きなキッカケになると思います」「毎日毎日苦しいです。私もいつかは釈さんのようにあの時は〜と明るく語れる日がくると信じて頑張ります」と同じくパニック症を患う人から感謝の言葉が多数寄せられています。

釈由美子 パニック症 世界一受けたい授業 「番組を通して、パニック症に対する周囲の理解が深まるよう願うばかりです」と釈さん(画像は釈由美子オフィシャルブログから)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.