ニュース
» 2019年02月26日 16時30分 公開

「男らしさとは何か?」 アカデミー賞で“タキシードドレス”着用の男優に注目集まる

女性のタキシード姿も目立ちました。 

[城川まちね,ねとらぼ]

 2月24日(現地時間)に行われた第91回アカデミー賞の授賞式。出席者がそれぞれきらびやかな衣装をまとい歩くレッドカーペットで、ひときわ目立ったのは米歌手で俳優のビリー・ポーターが身に着けた“タキシードドレス”でした。

アカデミー賞 ビリー・ポーター どこから見ても美しい(画像はビリー・ポーターのInstagramから)

 ポーターは「オスカーに行くときには、めかしこまなきゃね」と同衣装を身にまとった姿をSNSで披露。ボリュームのあるスカートにフリルのついたパフスリーブシャツ、蝶ネクタイにベルベットのドレス、フィットしたジャケット。自由で、完璧に調和した美しさはメディアやSNSユーザーからも絶賛されています。

アカデミー賞 ビリー・ポーター ポーターの夫はクラシックなタキシード(画像はビリー・ポーターのInstagramから)

 このタキシードドレスをデザインしたのはアメリカのファッションデザイナー発掘番組「プロジェクト・ランウェイ」のシーズン4で優勝し一躍売れっ子となったクリスチャン・シリアーノ。彼もSNSで「最も神々しい瞬間」とこのドレスを紹介しています。また、「二日酔い! ただ神々しい」とアフターパーティーの様子と思われる別スタイルの写真も投稿。ジャケットやシャツを脱ぎ、ベアトップドレス姿でシャンパングラスを持つポーターは文句なしにエレガントです。

アカデミー賞 ビリー・ポーター こっちもすてき(画像はクリスチャン・シリアーノのInstagramから)

 また、今回のアカデミー賞授賞式では女性のタキシード姿も目立ちました。特にトム・ブラウンのタキシードを着た15歳の米女優エルシー・フィッシャーの凛々しくピュアないでたちは話題に。その他米女優のエイミー・ポーラーもアルベルタ・フェレッティのシックなタキシードで登場しています。

アカデミー賞 エルジー・フィッシャー エルシー・フィッシャー(画像はトム・ブラウンのInstagramから)

 ポーターは今回の衣装についてVOGUE誌に、「あなたが黒人で、ゲイであるなら、男らしさという問題を抱える」と語り、自分の服装がホモフォビアからの差別に遭ってきた経験、自分の目標は自身が人前に立つたびに生きた政治的な芸術の一部となることであると答えています。そして「男らしさとは何か? どんな意味?」「僕はずっとガウン(ドレス)を着たかった」とし、初めてのフィッティングでは「生きてるって感じだった。自由だった。オープンで、輝いていて、美しかった!」と素直な気持ちを伝えています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.