コラム
» 2019年02月26日 19時00分 公開

「こんなの○○じゃない!」 まったく別物に変わっちゃった名車・迷車5選(1/3 ページ)

モデルチェンジでイメチェン……どころの騒ぎじゃない。

[agar,ねとらぼ]

 2019年1月、コンセプトモデル、カムフラ版、チラ見せ版……何度もじらされたトヨタの新型スポーツカー「スープラ」が発表されました(関連記事)

 うぉぉぉぉ! と復活を喜ぶ声から、ひとまずどんなカタチで仕様なのかをチェックした人が多かった一方で、旧型への思い入れが強いファンからはついつい「#こんなのスープラじゃない」なんて声も。そして、「いや待て落ち着け。これなんかもっとすごかったんだぞ」と、なぜか「こんなの○○じゃないクルマ大喜利」が開幕していました。

 そう、“モデルチェンジでイメチェン”などの域を超えた「同じ名前だけどまったく別物」なクルマも各メーカーに存在します。今回はそんな不思議な運命をたどった「名(迷)車」を5つ紹介します。

【1】若者御用達のスポーツクーペは普通のセダンに トヨタ「カローラレビン」

 「カローラレビン」と聞けば、あの名車を思い浮かべる人が多いでしょう。

カローラレビン AE86型カローラ レビン

 カローラレビンは、国民車「カローラ」のスポーティー版。有名すぎる名車「ハチロク」「ハチゴー」の4代目(AE86/85型)まではFR(フロントエンジン・リアドライブ)のスポーツ車として、今なお支持されています。続いて、FF化され、バブル期の流行を受けてデートカー方向にちょっぴりと変わった5代目(AE92型)も“ミニソアラ”などとしてヒット。安く、パーツも多く、ヒュンヒュン走って、MTも普通にあって、いじれて遊べる若者のためにあったような名車でした。

 ……いえ、「でした」とまるで消滅してしまったように表すのは誤りです。実は2019年現在も、レビンの名前は海外市場向け車種でひっそりと(?)残っています。それが中国市場向け車種の「レビン ハイブリッド」です。

中国向け「レビン」 2019年現在の最新「レビン」は中国市場向け車種(写真:トヨタ自動車)

 何と、レビンはセダンになってしまっていました。し、知らなかった……。

 この現行レビンはカローラの流れをくむ車種であり、トヨタ自慢のハイブリッドシステムを備える最新式です。しかし、セダンなのですね。いや、決してセダンが悪いのではなく、デザインも現行のトヨタ車っぽくて悪くはありませんが、何だかヤングなイメージがなくなってしまいました。レビンは「相応に年を重ねた」ということでしょうか。これも時代なのかもしれませんね。

【2】覚えていた人いるかな……スポーツカーからまさかのSUVに 魂は受け継ぐ「エクリプス」

 不祥事が続いた三菱自動車にあって、自社最後の独自開発車種とのウワサも……。2018年3月に4年ぶりの新型車として同社が総力を挙げて作り上げたという新型SUV(スポーツタイプ多目的車)が「エクリプス クロス」(関連記事)です。

エクリプス クロス エクリプス クロス(写真:三菱自動車)

 このクルマの名称は、1989年から2012年まで販売していたスポーティーカーである「エクリプス」から受け継がれたものです。

 旧エクリプスは北米市場向けに開発された車種で、日本では三菱自の米国法人が生産したものを逆輸入して販売していました。仕様は3ドアクーペと2ドアオープン。個性ある90年代・平成初期スポーツカー花盛りの時代(関連記事)にあってなかなかのマイナー車でしたが、「逆輸入車」という響きは何だか格好よく聞こえました。

 さて、スポーティーカーからSUVへガラッと変わり、新旧エクリプスは一見全く関係がないように思えます。しかし、ちゃんとつながっています。新しいエクリプス クロスは、スポーティなクーペスタイルを取り入れたSUV。そこで、メインターゲットとなる北米市場で「三菱のクーペ」というイメージがまだ残っていたエクリプスの名が選ばれたのだそうです。

【3】オフロードバイクからオフロードテイストの軽自動車に! スズキ「ハスラー」

 まったく違うジャンルのクルマとして車名が復活することはたまにあります。しかし、スズキやホンダのように二輪、四輪の両方を手掛けるメーカーでは、さらにジャンルの垣根を越えた「こんなの○○じゃない」が出てきます。

ハスラー ハスラー(写真:スズキ)

 近年では例えば、SUVテイストの軽自動車としてヒットした「ハスラー」。元は、2ストエンジンを搭載した軽快オフロードバイク「TS」シリーズの愛称として使われていました。一応オフロードつながりですね。……でも当時、映画「ハスラー」とともにハスラーの意味を調べたら「おいおい大丈夫っすか? スゲー名前を付けるんだな〜」と感じたことも思い出してしまいました。

 さて、このような“車名の使い回し”についてメーカー自身が深く触れることはほとんどありません。オトナな事情も多々あることでしょうし。しかしハスラーは違うようです。スズキは軽自動車ハスラーの純正オプションとして「“二輪ハスラー”のエンブレム」を堂々と用意しています。

 「若い頃は(バイクの)ハスラーに乗っていたんだよ」なんて、こんな遊び心のワンポイントということですね。……そんなことされてもみんなは多分、ちーっとも分からないと思いますが、はい、分かっていますよ。イイんですよね、こういうのは自己満ですもん。ちなみにスズキの90年代バイク→クルマになった「こんなの○○じゃない」は、「バンディット」もそうでした。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」