ニュース
» 2019年02月27日 18時00分 公開

アイドルグループ「9nine」が活動休止 4月6日のライブ以降は個人活動を軸に

2018年12月に台湾での冠番組が始まったばかりでした。

[川上酒乃,ねとらぼ]

 4人組アイドルグループ「9nine」が2月27日、活動休止を発表しました。所属している「レプロエンタテイメント」の公式サイトで文面が公開されており、4月6日に中野サンプラザで開催される単独ライブ「9nine one man live 2019-Forever 9nine-」が休止前のラストライブになること、その後は個人活動が軸になることを伝えています。

ナイン 9nine 読み方 活動休止 解散 左から吉井香奈恵さん、村田寛奈さん、佐武宇綺さん、西脇彩華さん

 メンバーはスタッフとともに2017年秋頃から、「このまま変わらぬ形でグループ活動していくことが、メンバーそれぞれの将来にとって最高の選択なのか」を考えてきたそうで、「メンバーひとりひとりが新しいことに挑戦し、責任を持って個人活動に取り組み、成長するべき」と結論付け、活動休止の運びになったとのこと。

ナイン 9nine 読み方 活動休止 解散 ライブでの9nine

 9nineは2005年9月に結成。幾度かのメンバー脱退や卒業、加入を経て、2014年には日本武道館でグループ最大規模の単独公演を開催。2016年には川島海荷さんが脱退。以降は数多くのアニメタイアップ曲を担当するなど精力的に活動し、アメリカのロサンゼルスやノースカロライナ、スペインのグラナダ、中国の上海、香港、台湾などの海外でもライブを開催してきました。2019年1月からは日本女性グループとして史上初となる台湾での冠番組「9nine 4 YOU(ナイン・フォー・ユー)」をスタート。流行グルメを紹介したりゲームに挑戦するなどのバラエティー番組としてファンを魅了していました。

ナイン 9nine 読み方 活動休止 解散 しばらく寂しくなってしまう……

「ファン9の皆さまへ」と題したメッセージ

いつも9nineを応援していただき、誠にありがとうございます。この場をお借りして、皆さまに御報告がございます。

9nineは、活動休止することを決心しました。

突然のお知らせとなってしまいましたこと、心よりお詫び申し上げます。

9nineは、2005年に結成してから約14年間。女性グループとしては稀有なほど、長く活動させていただいております。平成の世のおよそ半分もの期間を、たくさんの皆さまに支えられて9nineは続いて参りました。

そして、今の9nineはグループとして円熟期を迎えていると考えております。ライブでは、新しい挑戦を織り交ぜながら、プロとして質の高いパフォーマンスを魅せることができるようになったと感じています。今の9nineがあるのは、紛れもなく皆さまのおかげです。今まで9nineを支えていただいた全ての皆さま、誠にありがとうございます。

しかし、このまま変わらぬ形でグループ活動していくことが、メンバーそれぞれの将来にとって最高の選択なのか。現在の4人体制になり、一年が経過した2017年の秋頃から、メンバー、スタッフ、それぞれがそれぞれの立場で真剣に考え、時間をかけて、話し合いを重ねました。話し合いの中で様々な葛藤を経て、メンバーひとりひとりが新しいことに挑戦し、責任を持って個人活動に取り組み、成長するべきだという結論となりました。そして、活動休止の道を選択することとなりました。

9nineが活動してきた14年間。振り返ると、一見非常にいびつな轍がなっているかもしれません。しかし9nineにとっては、応援して下さる皆さまと歩んできた誇らしい轍です。共にこの轍を作り上げて下さった、全てのファン9の皆さま、アイドルファンの皆さま、音楽ファンの皆さま、関係者の皆さま。メンバー、スタッフ一同、感謝してもしきれない思いです。本当にありがとうございました。

2019年4月6日(土)に開催致します、中野サンプラザ公演をもちまして、9nineは音楽ライブ活動を休止し、個人活動に軸を置くこととなります。今後、ファン9の皆さまにその活躍をお見せできるよう、誠心誠意を込めて邁進して参ります。4月6日のライブタイトルは「9nine one man live 2019 Forever 9nine」。未来への轍をファン9の皆さまと残したいと思っております。

今後とも、吉井香奈恵、村田寛奈、佐武宇綺、西脇彩華の応援をどうぞよろしくお願い致します。


関連キーワード

川島海荷 | 9nine | 挑戦 | 台湾 | 音楽 | 日本武道館


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響