ニュース
» 2019年02月28日 12時46分 公開

「マッサン」以来6年ぶりの男性主演! 窪田正孝、連続テレビ小説「エール」の主演に決定

ヒロインはオーディションで。

[のとほのか,ねとらぼ]

 俳優の窪田正孝さんが、2020年度前期の連続テレビ小説「エール」の主演を務めることが分かりました。2020年春から放送されます。

窪田正孝 エール 朝ドラ NHK 連続テレビ小説 2020年春スタート(画像はNHK PRから)


 「エール」は、「栄冠は君に輝く(全国高等学校野球大会の歌)」「六甲おろし(阪神タイガースの歌)」といった応援歌の数々を生み出した作曲家の古関裕而さんと妻で歌手としても活躍した金子さんをモデルにした作品。男性が朝ドラの主演を務めるのは2014年に玉山鉄二さん主演で放送された「マッサン」以来、6年ぶりとのことです。

 窪田さんは、福島で代々続く老舗呉服店の長男である古山裕一役。ヒロインはオーディションで選考されるとのことです。

窪田正孝 エール 朝ドラ NHK 連続テレビ小説 モデルは作曲家の古関さん(画像はAmazon.co.jpから)

 脚本は「コード・ブルー」シリーズ(フジテレビ系)などを手掛けた林宏司さん。「暗い時代も明るい時代も、人々の心を揺さぶり、励まし続けた “古関メロディ”のように、このドラマが、どうか、朝のひととき、誰かの“エール”になれますように」と呼びかけています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.