ニュース
» 2019年03月01日 19時02分 公開

TikTok、子どものプライバシー侵害で6億円超支払い 米国で

アプリに年齢制限も導入。

[ねとらぼ]

 米連邦取引委員会(FTC)は、動画共有アプリTikTokが違法に子どもの個人情報を収集していた問題で、570万ドル(約6億3000万円)の支払いで和解したことを明らかにしました

TikTok 子ども プライバシー FTCの発表

 FTCは、TikTok(もとは「Musical.ly」という名称)が子どものプライバシーを保護する法律「Children's Online Privacy Protection Act」(COPPA)に違反したと申し立て。同法では、13歳未満の子どもから個人情報を収集する際は事前に保護者の同意を得るよう義務付けています。またユーザーのプロフィールと写真が公開されていたことなどもFTCは問題視。アプリ運営元は13歳未満のユーザーの割合が多いことを知っていたといいます。

 TikTokは和解の一環として、13歳未満のユーザーによる動画を削除しなければならなりません。また同サービスは、13歳未満のユーザーは動画投稿やコメントを不可とする年齢制限も導入しました。

TikTok 子ども プライバシー TikTokの発表

 日本でも同様の制限を設けるか広報担当者に問い合わせたところ、現状では実装していないが検討するとのこと。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.