ニュース
» 2019年03月02日 13時37分 公開

「ビジネスを保つことが、とても難しい」 梨花、自身のブランドショップを全店舗閉店へ 決断にファンから悲しみの声

2012年に1号店がオープン。

[のとほのか,ねとらぼ]

 モデルの梨花さんが3月2日にInstagramを更新。自身が手がけるブランドショップ「MAISON DE REEFUR」の全店舗を年内で閉店することを報告しました。

梨花 ブランドショップ 閉店 全店舗閉店の報告をした梨花さん(画像は梨花公式Instagramから)

 MAISON DE REEFURは、2012年4月に代官山でオープン。大人の女性に向けたライフスタイルショップで、新宿、池袋を始め、名古屋、横浜、博多など全国展開しており、梨花さんは第1号店をオープンさせた当時を「誰も来てくれなかったらという不安と、初めての子育てとの葛藤の中で、ちゃんとOPENできたという安堵、皆様があたたかく待っていてくださったことが本当に凄く嬉しくて、泣き崩れた事を今でも覚えています」と振り返りました。

梨花 ブランドショップ 閉店 同ブランドの服を着こなす梨花さん(画像はMAISON DE REEFUR公式Instagramから)

 閉店のいきさつについては、「思考や求めるもの大切にしたいことが、だんだん変わっていく中で心を保ちながら私の力不足も含めてこの大きなビジネスを保つことが、とても難しいと感じるようになりました」と説明。「これから残りの人生をどう生きていきたいかを考えるようになった時、ここで一度立ち止まり、この先をもう少しゆっくりと歩んでいきたいと思うようになりました」と心境をつづっています。

 梨花さんの決断にコメント欄では、「大好きなので、とっても寂しいです」「ものすごくびっくりして、今まだ現実を受け止められずにいます」と悲しみの声が寄せられた他、「今まで購入したもの。。これからも大切に使います!!」「これからもずっと大好きなブランドです!」「ずっとこれからも応援してます」とエールが送られています。

梨花 ブランドショップ 閉店 素材感のあるアイテムがそろう(画像はMAISON DE REEFUR公式Instagramから)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2010/24/news016.jpg 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  2. /nl/articles/2010/24/news035.jpg 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  3. /nl/articles/2010/23/news160.jpg 「こんな禰豆子は嫌だ」 マンウィズ、満を持して『鬼滅の刃』コスプレ披露 人間の流行にちゃっかり乗ってしまう
  4. /nl/articles/2010/24/news004.jpg 「うちの子に何するニャ!(怒)」 子猫を守ろうと、父猫にパンチをくらわせる母猫がたのもしい
  5. /nl/articles/2010/23/news015.jpg 子猫「えいっ、やあっ!(コテッ)」 ぬいぐるみに戦いをいどむ子猫がずっと見ていたくなるかわいさ
  6. /nl/articles/2010/23/news131.jpg 「たまたまそこに居合わせただけ」で死にかけた不運な男 接触事故を起こしたクルマが横転、背後から転がり迫ってくるシーンを捉えた映像が怖すぎる
  7. /nl/articles/2010/23/news021.jpg 「嫌よ!」「個人情報じゃない!」って言わないで なぜ薬局で保険証提示が必要なのかを説明する漫画が分かりやすい
  8. /nl/articles/2010/23/news092.jpg 1年間ケアし続けた“爪”のビフォーアフターが衝撃 「爪の形って変わるの!?」「私もがんばろ」
  9. /nl/articles/2010/22/news072.jpg 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」
  10. /nl/articles/2010/23/news102.jpg キバvsキング 「ルパンの娘」瀬戸康史&新納慎也の対決実現に仮面ライダーファン歓喜 放送局を超えた猛プッシュに「公式でも言っちゃったよ」