ニュース
» 2019年03月05日 18時30分 公開

ヤマハ「YZF-R25」がリニューアル これやべぇ! ギッとニラむMotoGPマシンイメージの新デザイン (1/2)

おぉぉすごそう速そう「やんのかオラオラ」顔いいな。59万9400円から。

[ねとらぼ]

 ヤマハ発動機は3月5日、250ccクラスのスポーツバイク「YZF-R25」の2019年マイナーチェンジモデルを発表。2019年3月28日に発売します。

ヤマハ バイク YZF-R25 ヤマハ「YZF-R25」2019年モデル/ディープパープリッシュブルーメタリックC(写真:ヤマハ発動機、以下同)

 YZF-R25は249ccの直列2気筒エンジンを搭載するスポーツバイクシリーズ。標準モデルのYZF-R25とABS(アンチロックブレーキシステム)を装備したYZF-R25 ABSの2モデルを用意します。海外では排気量がやや多い320ccクラスのYZF-R3も含めてデザインを一新した2019年モデルが一足先に発表(関連記事)されており、日本市場への登場が待ち望まれていました。

 2019年モデルは、MotoGPマシン譲りの新カウルとタンクで外観デザインを一新。フロントマスクは、ギロッとにらむかのように挑戦的な表情となった二眼LEDヘッドライトと、MotoGPマシンのデザインに通じるヘッドランプの間に設けたセンターダクトによって、さらにレーシーなイメージを強調したスタイルになりました。

ヤマハ バイク YZF-R25 エアロダイナミクスを追求した新設計のフロントカウルとスクリーン。新型のLEDヘッドランプは「ギロッ」とにニラむかのように精かんで気合い入りまくりのデザインを採用

 この他、フロントフォークを正立式から37ミリ径インナーチューブの倒立式へ刷新し、ハンドルの取り付け位置も従来より22ミリ低いトップブリッジ下に移動。走行性能の向上とともに、より前傾姿勢の強いレーシーなライディングポジションが取れるようになります。メーターもフル液晶表示となり、装備の充実も図っています。

 エンジンは249ccの水冷4ストローク直列2気筒。最高出力は1万2000rpm時で35馬力、最大トルクは1万rpm時で2.3kgf-m(23Nm)。燃費はWMTCモード値(クラス3、サブクラス3-2)でリッター27.2キロ。車体サイズは2090(全長)×730(幅)×1140(高さ)ミリ、シート高730ミリ、重量は約167キロです。

ヤマハ バイク YZF-R25 スポーティなスタイリングながら日常の扱いやすさと快適性を考えたライディングポジション
ヤマハ バイク YZF-R25 新開発のフル液晶メーターを採用。シフトタイミングインジケーターも搭載

 価格はYZF-R25が59万9400円(税込、以下同)、YZF-R25 ABSが64万2600円。ボディーカラーは、ディープパープリッシュブルーメタリックC、マットブラック2、マットディープレッドメタリック3の3色を用意します。

ヤマハ バイク YZF-R25 「YZF-R25/R25 ABS」2019年モデル主な仕様
ヤマハ バイク YZF-R25 「YZF-R25/R25 ABS」2019年モデル ラインアップと価格
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.