ニュース
» 2019年03月06日 14時28分 公開

「県警はどれだけネットに詳しくないのか!」 ブラクラURLで補導、Twitterでは7割超が補導に否定的(1/2 ページ)

「ブラクラURLを貼っただけで補導」は妥当? それともやりすぎ?

[ねとらぼ調査隊,ねとらぼ]

「ブラクラ女子中学生の補導問題」とは?(前置き)

 インターネット上の掲示板に“不正なプログラム”を書き込んだとして、兵庫県警により女子中学生が補導されたほか、男性2人が家宅捜索を受けた件が話題になっています



 報道によると3人が書き込んだのは、クリックすると「何回閉じても無駄ですよ〜」などのテキストが表示され、閉じようとしても消えなくなるというもの。また書き込んだのはプログラムそのものではなく、当該プログラムへのリンク(URL)だったといいます(なお一部では「ブラクラ(ブラウザクラッシャー)」と言われていますが、当該プログラムにブラウザをクラッシュさせる機能はなく、厳密にいえばブラクラではありません)。


ブラクラURL調査 問題のプログラムが表示されたところ

 こうした流れを受けて、ネット上では「URLを貼ったくらいで補導はやりすぎ」といった“擁護派”から、「知らない人にとっては冗談ではすまない」「いけない事はいけないと教えるのは当然」といった“補導は妥当派”までさまざまな意見があがる形に。一部では「IT業界の萎縮を招きかねない」など、ネット利用への影響を懸念する声もみられました(関連記事)。

 果たして「ブラクラURL書き込みで中学生補導」は妥当なのか、Twitterの反応を分析してみました。


「ブラクラ女子中学生の補導問題」のネガポジ

{'type':'pie'、'data':{'labels':['ネガティブ'、'ポジティブ']、'datasets':[{'data':[73.2、26.8]、'backgroundColor':['rgba(255、115、116、.7)'、'rgba(255、183、116、.7)']、'borderWidth':[0、0]}]、'illust':0}} 期間:2019/03/01?2019/03/04(Social Insight 調べ)

 「補導に賛成」をポジティブ、「補導に反対」をネガティブとして調査した結果、73.2%がネガティブ、つまり「補導に反対」ととらえていることが分かりました。ただ、後述しますが、Yahoo!ニュースのコメント欄などでは「補導に賛成」派が圧倒的に上位だったりと、場所やコミュニティによってかなりはっきり反応が分かれていたのが特徴的でした。


主なネガティブ(補導に反対)ツイート

 「補導反対」派のツイートで目立ったのは、やはり「単なるいたずらに対し大げさすぎる」というもの。むしろなぜもっと悪質な迷惑広告などを取り締まらないのか、兵庫県警はこんなものしか取り締まれないのか、といった声も多くみられました。


ネガティブなツイートをもっと見る

期間:2019/03/03〜2019/03/06(Social Insight 調べ)


主なポジティブ(補導に賛成)ツイート

 一方、「補導賛成」派の意見では、「行為の重さにかかわらず、悪意を持って人に迷惑をかけたのだから処罰を受けるのは当然」という声が多数。また「PCリテラシーのない人にとっては冗談ごとで済まされない」など、誰もがブラクラに対処できるわけではない、といった意見もみられました。


期間:2019/03/03〜2019/03/06(Social Insight 調べ)


マジョリティはどっち? Yahoo!では対照的に「補導は妥当」が上位

 今回はTwitterを対象に調査しましたが、前述のとおりYahoo!ニュースのコメント欄では「補導は妥当派」が上位に表示されるなど、見る場所によってまったく違った見え方になっていたのが特徴的でした。参考までに、Yahoo!ニュースの記事「『ブラクラURL』で補導 物議」から上位コメントを一部抜粋します。

  • パソコン自体にそれほど明るくない人たちでもパソコンやスマホを使用しなければいろいろなサービスが受けられない世の中になってきている以上、それを悪意をもって阻害するプログラムを拡散させるのは防止するのが当たり前だし、それをした者は処罰されなければいけないでしょう。
  • パソコンに詳しくない特に熟高年者にとってはジョークで済むのかどうか等はわかりようもない。実際に後日金銭を要求されるケースや個人情報を抜き出されるケースが跡を絶たない以上、冗談では済まされない。
  • この程度で補導されるのか?と思っている人が多いのが問題。一昔前のネット上でのイタズラと違い、 慣れていない人が触れる機会が多くなった今、それがウィルスかどうか?も分からない人が増えているのだから、無闇に人を不安にさせるような事をすればそうなるのは当然

 1つの話題で、ここまでネット上での意見が割れるのはなかなか珍しいケースです。補導は妥当か、それともやりすぎか、みなさんはどちらに共感しましたか。


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/18/news184.jpg 「コアラのマーチを振り続けると巨大チョコボールになる」衝撃の豆知識が話題に → 実際やってみたら想像以上にハードだった
  2. /nl/articles/2205/19/news007.jpg 井戸に2日間閉じ込められた子猫を救助 そばで待っていた母猫との再会に感動する【インド】
  3. /nl/articles/2205/19/news044.jpg 味の素のレシピ“豚ひき肉かたまり焼き”あまりのシンプルさで突如人気に 「助かる」「時短、簡単が超ありがたい」
  4. /nl/articles/2205/17/news099.jpg 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  5. /nl/articles/2205/19/news128.jpg リトル長友佑都!? 平愛梨、不機嫌な長男が“パパ似”だと話題 「試合中の眼差しにそっくり」「話し方もそっくりでビックリ!!」
  6. /nl/articles/2205/08/news007.jpg 上履きを学校に忘れ続ける息子→「そこで母は考えた」 簡単にできる対策アイデアに「天才だわ」と1万9000いいね
  7. /nl/articles/2205/19/news135.jpg 「米津玄師に負けた!」ウルトラマンファンが“強火歌詞”にもん絶 解釈強度に「悔し泣き」「映画見てから聞いて感動」の声続出
  8. /nl/articles/2205/18/news018.jpg お姉ちゃんの新居に行けないと分かった柴犬、落ち込んで…… お尻で語るいじけ方が切ないけどかわいい
  9. /nl/articles/2205/19/news178.jpg 杉浦太陽、俳優の弟たちと旧自宅のバルコニーを大改装 劇的リフォームも「なんか見た事あるなこの光景…」
  10. /nl/articles/2205/19/news076.jpg 知人やママ友に「これ作ってくれる?」と言われたハンドメイド作家→商品の値段を伝えると…… 切ない“作家あるある”に共感と応援の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声