ニュース
» 2019年03月06日 16時39分 公開

ひろみちお兄さん、半月板損傷で入院していた トレーニング中に「バキッ!」で動けず

現在は退院して自宅でリハビリ中とのこと。

[宮澤諒,ねとらぼ]

 NHK「おかあさんといっしょ」で10代目体操のお兄さんを務めた佐藤弘道さんが3月6日、左膝内側の半月板が割れ、入院生活を送っていたことをブログで明かしました。現在は退院しているとのこと。

佐藤弘道 おかあさんといっしょ 体操のお兄さん 10代目 NHK 退院を報告した佐藤さん(佐藤弘道オフィシャルブログから)

 2018年末から左膝に違和感がある中でトレーニングを続けていたという佐藤さん。2019年になって先生に診てもらったところMRIを撮るように勧められ、検査の結果左膝内側の半月板が割れていることが判明したとのことです。

 歩行に問題はなく、毎週、ヒアルロン酸を打ってトレーニングを続けていたようですが、ある日、膝が「バキッ!」と鳴ってから動けなくなったとのこと。3月4日に大学病院で割れた部分を切除し、翌日からリハビリ。6日に退院したと説明しています。

佐藤弘道 おかあさんといっしょ 体操のお兄さん 10代目 NHK 手術前日には「東条湖おもちゃ王国」のステージに立っていたようです(佐藤弘道オフィシャルブログから)

 現在は自宅でリハビリをしているそうで、「一日も早く回復して、また元気に飛び回ろうと思います やっぱり、健康が一番ですね」「皆さんも、くれぐれも気を付けてお過ごしくださいね ご心配をお掛けして申し訳ありませんでした」と絵文字付きで明るく伝えています。

佐藤弘道 おかあさんといっしょ 体操のお兄さん 10代目 NHK 現在も「ひろみちお兄さん」として活動中(佐藤弘道オフィシャルブログから)

関連キーワード

ブログ | NHK | リハビリ | トレーニング | 入院


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.