ニュース
» 2019年03月10日 17時30分 公開

「斜め上を攻めてくスタイル」 菊地亜美、マツエク撮影のための“ドアップ”自撮りでファンの意表を突く

これは新しい。

[川上酒乃,ねとらぼ]

 タレントの菊地亜美さんが3月9日、まつげエクステ(以下、マツエク)を見せてほしいというファンのリクエストに応えた写真をInstagramに投稿。分かりやすくするため視線を上げ、やや下から顔を撮影したドアップの写真に、ファンから「マツエクって読むまで変顔したよっていう写真かと」などのツッコミが寄せられています。なぜウケを取りにいってしまったのか。

菊地亜美 マツエク サロン 事故 すっぴん 確かにマツエクはばっちり見えるけども(画像は菊地亜美Instagramから)

 マツエクの本数やカールがばっちり確認できる写真を投稿しながら、結果的に笑いを誘うような仕上がりになってしまったことで「完全に事故」と自虐した菊地さん。写真はカラーコンタクトや白目の血管まで見える画面いっぱいの接写となっており、黒目を上にあげたことで変顔風になってしまっています。

 親切心から、元アイドルという肩書をかなぐり捨ててしまいそうな写真を投稿した菊地さん。ファンからは「わらってしまった」と思わず吹き出してしまったというコメントや「あみちゃんのこういうところ大好き」とあらためて菊地さんのユーモアな部分に魅力を感じるという声とともに、「上から撮ること多いから、初めてこのアングルでマツエク紹介してくれる写真見ました」「めっちゃ分かりやすい」と、分かりやすさを喜ぶ声も寄せられています。結果オーライ?

菊地亜美 マツエク サロン 事故 すっぴん すっぴんでも際立つマツエクは、以前からファンの間で注目されていました(画像は菊地亜美Instagramから)

 かねてマツエクについて問われることが多かったため、菊地さんはサロンでのメンテナンス後に黒々と茂ったマツエクの写真を斜め上から撮影したことも。2018年11月には「まつエクは両目で150本。中央がDカールの12ミリ、目尻目頭がCカールの10ミリです」とこだわりのチョイスについて明かしたこともありました。しかし、そのたびにファンからはマツエクについてさらなる情報を求める声が相次いでいたため、「こうしないと伝えられない」と、今回はこれまでとは違った撮影方法に挑んだようでした。サービス精神に感服してしまう。

菊地亜美 マツエク サロン 事故 すっぴん マツエクのメンテナンス後にバサバサのまつげを斜め上から撮影したことも(画像は菊地亜美オフィシャルブログから)


関連キーワード

Instagram | 写真 | 撮影


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」