ニュース
» 2019年03月13日 10時40分 公開

「ダウンロード違法化」改正案 自民党が国会提出の見送りを決定

「ネットの利用を萎縮させる」などクリエーターや法研究者などから批判を浴びていました。

[ねとらぼ]

 自民党は3月13日に開いた知的財産戦略調査会との合同会議で、ダウンロード違法化の対象範囲を拡大する著作権法改正案について、今国会への提出は見送ることを決定しました。

自民党公式サイト

 改正案は、文化庁の文化審議会著作権分科会法制・基本問題小委員会が出版業界の要望や海賊版サイト問題を受け検討してきたもの。著作権法における違法ダウンロード(※)の範囲を、現在の音楽と映像のみから、漫画や論文など著作物一般に広げる方針でしたが、クリエーターや法研究者など各業界から「ネットの利用を萎縮させる」「返ってクリエイティブを阻害する」として批判を浴びていました。

※違法にアップロードされたことを知りながらコンテンツを私的にダウンロードする行為のなかでも、著作権法違反と定められているもの。現在は音楽と映像に限られている

2月に法研究者と弁護士ら87人と1団体が発表した反対声明(関連記事

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.