ニュース
» 2019年03月19日 16時30分 公開

伝説のスーパーカー「パンテーラ」が復活!? ランボルギーニをベースに開発した「PANTHER PROGETTOUNO」がすっげぇカッコイイ (1/2)

レジェンドの皮をかぶった猛牛。

[agar,ITmedia]

 イタリアのアレスデザイン社が、開発中の新型スーパーカー「PANTHER PROGETTOUNO」を発表。なんと、かつてデ・トマソとフォードが共同開発したスーパーカー「デ・トマソ・パンテーラ」をモチーフにしています。

パンサー PANTHER PROGETTOUNO(写真:アレスデザイン、以下同)

 アレスデザインは、フェラーリやロータスの重役を務めてきたダニー・バハールさんが立ち上げた会社で、富裕層向けの高級車のカスタマイズを専門としています。

 そのなかでも往年の伝説的な名車を現代に蘇らせるというプロジェクト「LEGENDS REBORN(レジェンズ・リボーン)」に注力しており、PANTHER PROGETTOUNOもその1つ。

 完全なオリジナルというわけではなく、「ランボルギーニ・ウラカン」をベースに開発が進められています。見た目はファン垂涎のパンテーラでありながら、中身は650馬力のV10エンジンを搭載する正真正銘の現代のスーパーカーというわけです。

デ・トマソ・パンテーラの雰囲気が色濃く残るサイドビュー デ・トマソ・パンテーラの雰囲気が色濃く残るサイドビュー

 デ・トマソ・パンテーラといえば、かつてスーパーカーブーム世代の少年たちの心をわしづかみにしたクルマの1つ。デ・トマソとフォードの共同開発で、当時のスーパーカーとしては異例の量産車だったため残存台数は比較的多く、本物を手に入れることも不可能ではないでしょう。

 しかし、現代的にリファインされたデザインや機能、性能といった要素が揃った状態で、ヘリテージカーではなく現代のスーパーカーとして手に入れられるアレスデザインのパンサーにもまた違った魅力があるのではないでしょうか。

パンテーラ リメイク オマージュ ランボルギーニ ベースはランボルギーニ・ウラカン
内装。あくまで一例で、顧客の要望にあわせてカスタマイズされます 内装。あくまで一例で、顧客の要望にあわせてカスタマイズされます

 横から見た時のフォルムなどは、かなりパンテーラらしい仕上がり。安全基準などの兼ね合いで量産車ではほぼ絶滅してしまったリトラクタブルヘッドライトが装着されているのも素敵です。価格は61万5000ユーロ(約7774万円)から、およそ3ヶ月ほどで製作できるそうです。

パンテーラ リメイク オマージュ ランボルギーニ
パンテーラ リメイク オマージュ ランボルギーニ
パンテーラ リメイク オマージュ ランボルギーニ
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」