ニュース
» 2019年03月25日 14時20分 公開

ビリビリとファニメーションがアニメ分野での業務提携を発表 中国とアメリカでアニメ配信の強力タッグ

中国のビリビリと米国のファニメーション。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 AnimeJapan2019で3月23日、ビリビリ(bilibili)とファニメーション(Funimation)がアニメコンテンツ分野で戦略的に提携することを発表しました。これにより中国に基盤を持つビリビリと、米国のファニメーションの双方が、それぞれが保有するコンテンツを相互の地域で展開できるようになるとのこと。


ビリビリとFunimationがアニメ分野での業務提携を発表 中国とアメリカでアニメ配信の強力タッグ

ビリビリとFunimationがアニメ分野での業務提携を発表 中国とアメリカでアニメ配信の強力タッグ

 ビリビリはニコニコ動画のようにコメントを表示できる動画配信プラットフォーム「ビリビリ動画」を中心として、近年急速に存在感を拡大。2018年3月には米Nasdaq市場に上場し(関連記事)、12月には大規模発表イベント「MADE BY BILIBILI」で20本以上の新作アニメ製作を発表しました。


ビリビリとFunimationがアニメ分野での業務提携を発表 中国とアメリカでアニメ配信の強力タッグ ビリビリが発表した、イケメンなカール・マルクスが登場する「領風者」は日本でも注目を集めました(関連記事

 一方のファニメーションは1994年設立の老舗配給会社で、「ドラゴンボールZ」、「僕のヒーローアカデミア」、「進撃の巨人」など数々日本の人気作を北米で展開してきました。2016年には配信サービス「FunimationNow」をスタート。2016年〜2018年には米Crunchyrollとの提携を元に、保有コンテンツを両社間で提供する試みも行っていました。2017年7月にソニーの米子会社Sony Pictures Television Networksに買収された影響などからCrunchyrollとの提携は終了していましたが、今回再びビリビリと強力なタッグを組んだ形に。

 発表資料によるとビリビリは日本の新作アニメーションの実に64.4%を中国で配信(2017年および2018年上半期)。加えて日本の制作会社feel.、ZEXCS、Assez Finaud Fabricを傘下に持つ中国企業ファンメディアの一部株式を取得し、日本自社制作スタジオも開設するなど、自社コンテンツの発信にも力を入れています。

 今回の提携により、日本のアニメがよりスムーズに中国と米国で配信されるようになったことに加えて、中国産のアニメが米国で配信される経路が新たに誕生した側面も大きそうです。

 ビリビリの副社長兼COOのカリー・リー氏は「今回の提携により、互いの優位性を最大限に発揮することで、アニメーション産業のグローバル化をさらに推し進めることになると期待しています」とコメント。ファニメーション会長兼CEOのゲン・フクナガ氏は「我々は、ビリビリと提携し、一緒に新しいアニメーションの開発と頒布をするチャンスを得ました。大変嬉しく思います」とコメントしています。

 両地域で新たに配信開始となる具体的なタイトルなどは明かされていませんが、「詳細な情報は追って公開予定」とのことです。

ビリビリ副社長兼COOのカリー・リー氏のコメント

 Funimationは長年に渡る、日本産アニメーションの北米におけるビデオグラム展開・劇場配給経験を持ち、優秀な作品を多く世界市場に投入してきました。ビリビリとは非常に親和性が高いサービス機能をお持ちです。今回の提携により、互いの優位性を最大限に発揮することで、アニメーション産業のグローバル化をさらに推し進めることになると期待しています。

ファニメーション会長兼CEOのゲン・フクナガ氏のコメント

 我々は、ビリビリと提携し、一緒に新しいアニメーションの開発と頒布をするチャンスを得ました。大変嬉しく思います。このコラボレーションは全世界のアニメーションの需要の推進とサービス向上に貢献します。市場に、刺激的な新しいアニメーションをただ発表するだけではなく、世界中のファンのそばへ届けることができるようになります。そして、それによって我々の™サイマルダブ作品™ (ファニメーションでは日本放送の一週間後に、自社プロデュースの英語吹き替え放送を実施している)を放送する能力も大いに向上することができると思います。今日は、業界にとってもすべてのアニメーションのファンにとっても、本当に素晴らしい日になったと思います。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  3. /nl/articles/2110/25/news079.jpg 浜崎あゆみ、帝王切開の経験を告白 「お腹の傷を愛おしく誇りに思う」と“消えない偏見”に思いつづる
  4. /nl/articles/2110/25/news007.jpg 「ロード・オブ・ザ・リング」の重要アイテムがカプセルトイで登場 “ひとつの指輪”も手に入ってしまう
  5. /nl/articles/2110/25/news051.jpg 「アッ...アッ......困りますお客さま…!」 子猫を迎えて2日目、すっかり懐いて飼い主を無事メロメロにしてしまう
  6. /nl/articles/2110/24/news049.jpg 本田望結、小型船舶免許を取得し免許証を公開 姉・真凜もびっくり「凄っ、知らんかったって笑」
  7. /nl/articles/2110/23/news032.jpg 『ちいかわ』が“幸福論を問う作品”であるという決定打 なぜ「オフィスグリコちゃんのカエル」でTwitterがどよめいたのか
  8. /nl/articles/2110/24/news027.jpg 所さんのピンクのフィアット500が事故で「水没」 めっちゃかっこいい、からの「普通に失敗しちゃうところも好き」の声
  9. /nl/articles/2110/24/news044.jpg 深田恭子、2022年のカレンダーで花に囲まれた美女ショット ファン「美しすぎる」「来年も一緒に過ごします!」
  10. /nl/articles/2110/21/news028.jpg 本当にあったZoomの怖い話 母がうっかりカメラON、100人に実家が丸見えになった実録漫画が地獄みしかない

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる