ニュース
» 2019年03月27日 21時00分 公開

エリーゼやヴァンテージのパーツも流用 RX-7を魔改造した950馬力モンスターマシン「RX-777」がいろいろとすごい (1/2)

見た目と音からは元ネタが分からない魔改造ぶり。

[agar,ねとらぼ]

 誕生から約27年、未だ色あせない流麗なデザインと孤高のロータリーエンジンで根強い人気があるFD3S型「RX-7」。そんな名スポーツカーをベースに、10年がかりで自分好みのモンスターマシンを作り上げた猛者が現れ、海外のカスタムカー好きの間で注目を集めています。

「RX-777」と名付けられた超絶カスタムカー 「RX-777」と名付けられた超絶カスタムカー(画像はYouTubeより)

 魔改造RX-7を作り上げたのはアダム・テイラーさん。「RX-777」というなんともラッキーな名前が付けられたマシンは、迫力のあるワイドボディを持つ過激なデザインに仕上げられています。ド派手なグリーンのボディに、ギラギラのやんちゃなホイールが良く似合っています。

アダム・テイラーさんが作り上げたこのマシンは、なんと950馬力を発生 アダム・テイラーさんが作り上げたこのマシンは、なんと950馬力を発生(画像はYouTubeより)

 「アストンマーティン・ヴァンテージ」のヘッドライト、「ロータス・エリーゼ」のテールライトなど、各社のスポーツカーのパーツをうまく組み合わせたカスタムも素晴らしいですが、その中身にも注目。実はこのマシンには、ロータリーエンジンは搭載されていません。

魔改造 RX-7 RX-777 モンスターマシン エンジンはロータリーエンジンではなく、V8エンジンに換装されています(画像はYouTubeより)

 なんと950馬力を叩き出すV8エンジンに換装されています。あのロータリーサウンドが聴けないのはちょっと残念……RX-7ファンにとっては賛否意見が分かれそうですが、これもまたカスタムの道の1つでしょう。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.