ニュース
» 2019年03月29日 13時41分 公開

「クソジジイなのに、たまらなく人を惹きつける」 高橋克典、夏木マリが萩原健一との“最後の共演作”振り返り追悼

さらばショーケン。

[佐藤星生,ねとらぼ]

 俳優の高橋克典さんと女優の夏木マリさんが、“ショーケン”の愛称で知られ3月26日に亡くなった俳優の萩原健一さんへ向け追悼のメッセージをSNSで投稿。2人にとって最後の共演作となった2018年9月放送のドラマ「不惑のスクラム」(NHK)撮影時のエピソードも明かしました。

萩原健一 高橋克典 夏木マリ 不惑のスクラム 死去 NHK Instagram ブログ 萩原さんについて「カッコ良かった」とつづる高橋さん(画像は高橋克典オフィシャルブログから)

 3月29日のブログで、「クソジジイなのに、たまらなく人を惹きつける」と萩原さんの印象をストレートにつづり、ロケ現場でのオフショットを公開した高橋さん。演技について厳しく指摘してくる姿勢に怒りを覚えたことを回顧しつつも、明確なビジョンを持って突き進む萩原さんの姿に「今の時代がいかに核心を突かず、柔らかすぎることに気づく」と感銘を受けたことを明かし、「あなたのこと忘れません」と追悼の言葉を贈りました。

萩原健一 高橋克典 夏木マリ 不惑のスクラム 死去 NHK Instagram ブログ ストイックな姿勢に感銘を受けた高橋さん(画像は高橋克典オフィシャルブログから)

 同作で萩原さんの妻役を演じた夏木さんは、3月28日にInstagramで「炎天下の屋上で集中されていた姿は70年代に私が憧れていたショーケンに優しさも加わって素敵だなと見惚れておりました」とロケ当時を回想し、2人が笑顔で写るオフショットを公開。撮影後に入院すると教えられたエピソードを明かし、「平成の最期に逝くんですね 悲しいです」と早すぎる死を惜しみました。

萩原健一 高橋克典 夏木マリ 不惑のスクラム 死去 NHK Instagram ブログ 「不惑のスクラム」で萩原さんの妻役を演じた夏木さん(画像は夏木マリInstagramから)

 この訃報にネットでも、「もっともっとショーケンのドラマ見たかった」「われわれの年代のヒーロー」「ワイルドでカッコ良くて憧れた」「内田裕也の次はショーケンか……」「世の中がどんどんつまらなくなって行く」と別れを惜しむ人が続出しています。

 1950年生まれの萩原さんは、1967年にバンド「ザ・テンプターズ」のボーカルとして芸能界デビュー。解散後は俳優として頭角を現し、ドラマ「太陽にほえろ!」や「傷だらけの天使」などにおける鬼気迫る演技で人気を集めました。映画、ドラマへの出演の他、2018年にはレコードレーベルを立ち上げ、22年ぶりのシングルをリリースするなど音楽活動も続けていましたが、2019年3月26日、消化管間質腫瘍のため亡くなりました。享年68。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.