ニュース
» 2019年03月31日 21時00分 公開

何回ループしてもセガサターンが勝てない…… ファンがセガ社員に転生して覇権を目指す漫画が熱すぎる

いくら覇権をとれずとも、セガファンには1つの希望が。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 1994年に起きたゲームハードのシェア競争で、セガサターンを勝たせたい――。切実な思いを抱いて何度も時を超え、セガ社員への転生を繰り返す漫画がせつないと話題です。悲壮感と情熱が入り交じった、セガファン必見の物語。


アイキャッチ セガサターンを救うため、滑り出し好調だった発売当時の世界へ!

 熱烈なセガファンの主人公・加瀬は、重度の引きこもり。「俺が部屋から出ない限り、永遠に1994年のままなのさ」と称し、セガサターンが順調なスタートを切った当時のつもりで遊び続けています。


1P

 すると、とんがり頭の「セガサターンの精」が本体から出現。「プレイステーションに負けないよう、サターンを救ってきて!!」と、加瀬を25年前の世界へ飛ばします。


2P

 こうして時空を超えた加瀬は、1994年当時のセガ社員として転生し、セガサターンが覇権を取る世界を目指して歴史の改変に挑むことに。社会経験の薄さから大きなことはできなかったため、「ファイナルファンタジーがプレステに出てしまう前になんとかしないと」「ソニック・ザ・ヘッジホッグを出さないと」などと、ゲーム史の知識をもとにセガ社員へ進言します。


3P

4P

 しかしセガサターンの立ち上げが好調だった当時、いくら危機感をあおっても聞き入れる者は皆無。乱心したとみられた加瀬は、退職を余儀なくされるのでした。


5P

 しかし加瀬の望みはこれで終わりません。セガが勝つまでセガサターンの精に94年へ飛ばされ、ループを繰り返すことになった彼は、まずサラリーマンとして満足に働けるよう、転生を100回以上繰り返して仕事の基礎を自分にたたき込みます。


6P

 成長した彼は、ライバル陣営に対抗した広告戦略など、大規模なプロジェクトを提案できるほどの立場に。しかし独特なセンスや社風のせいなのか、企画は意図通りに進まず頓挫してしまいます。それでも諦めずに転生して再挑戦。「コストダウンしやすいハードウェア設計」「史実では物別れに終わったセガ・バンダイの合併に尽力」「規模の大きすぎるプロジェクトを止めて予算を他に回す」など、思いつく限りの手を尽くします。


7P

8P

 しかし、策はことごとく失敗。「1994年以前から手を打たないことには、競合に勝てない」と悟り、絶望感に打ちひしがれた加瀬は、とうとう「何回やってもサターンを救えないんじゃ……」と、力なくつぶやきます。


9P

 その瞬間、ある先輩が加瀬の言葉を聞き逃さずに呼び止めました。「お前何回目だ?」と。なんと、先輩は1677万回転生してきたという、転生者としての先輩でもあったのです。


10P

 彼が言うには、セガ社員への転生者はほかにもたくさんおり、「バーチャファイター」と「ファイティングバイパーズ」をメガミックスした者や、新ハードの夢に賭けた者など、さまざまな挑戦があったとのこと。しかし、そのどれもが失敗し、敗北は回避できなかったといいます。


11P

 「セガの勝利を諦めた者たちはどうしたのか?」との問いに、先輩は「ただのファンに戻ったんだよ。どうしてセガファンが独特の雰囲気を持っているのかわかるかい?」と回答。そう聞いて、加瀬は全てを理解しました。熱烈なセガファンの正体は、何度も転生を繰り返してきた者だったのです。


12P

13P

 「転生を繰り返し、自分にとって一番楽しかったころのセガを楽しめばいいじゃないか」――。そう説かれたとき、加瀬の目は晴れやかに。そして彼は、「セガサターン、シロ!」の言葉を胸に駆け出します。行き先はきっと、最愛のゲームを永遠に楽しみ続ける人生。もしかしたら1ページ目につながっているのかもしれません。


14P

 作者の左藤真通(@reu_reu_)さんは、『将棋指す獣』の原作や『アイアンバディ』を手がける漫画家。同人活動ではセガサターンへの思い入れを描いたエッセイ漫画『第六惑星から』を著しており、一部をpixivで公開しています。


作品提供:左藤真通(@reu_reu_)さん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2206/30/news099.jpg 「ハイヒール」モモコ、27歳・長男と顔出し2ショット 27年前の“お宮参り3ショット”も公開「若かったなー」
  2. /nl/articles/2206/30/news039.jpg パンダ「ヤダヤダ〜」 絶対に部屋に帰りたくないパンダvs.帰って欲しい飼育員のやりとりがコミカルでほほえましい
  3. /nl/articles/2206/30/news025.jpg 柴犬たち、超えてはいけない境界線から飼い主を監視 怒られないギリギリのラインを攻める姿に「一歩出てるのかわいい」
  4. /nl/articles/2206/28/news167.jpg 「こんなに絵が上手いなんて」 中川翔子、1時間で『SPY×FAMILY』アーニャを17体生み出してしまう
  5. /nl/articles/2010/08/news157.jpg “イエモン”吉井和哉の息子・吉井添、姉との2ショットに驚きの声 「めちゃくちゃ美形」「イケメン芸能人の遺伝子ってすごい」
  6. /nl/articles/2206/27/news166.jpg 「ラーメン二郎」へ“表敬訪問”したジョージア駐日大使に話を聞いた 「次回は『ニンニク ヤサイ マシマシ、ブタ抜き、アブラ多め』を頼みたい」
  7. /nl/articles/2206/30/news149.jpg 故・神田沙也加さんと交際公表の2.5次元俳優・前山剛久、所属事務所を退所 心身不調で1月から活動休止状態
  8. /nl/articles/2206/30/news131.jpg アスリート夫婦・増嶋竜也&潮田玲子、ペアコーデでゴルフをエンジョイ ゴルフ仲間の狩野舞子も「オソロ可愛いー」と反応
  9. /nl/articles/2206/24/news167.jpg 耳付きのランチパックが見つかり「得した気分」「運がいい」 “当たり”があるのか山崎製パンに聞いてみた
  10. /nl/articles/2206/28/news184.jpg スニーカーの裏に挟まった小石を“1年間”も集め続けた人が話題 「発想が天才」「すてきすぎる」とTwitter民絶賛

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」