ニュース
» 2019年04月01日 11時00分 公開

未来クル! 日本ベンチャー発のホバーバイク「Speeder」が飛行試験に成功、量産機2022年発売へ

うぉぉぉ? 区分は「中型バイク」扱い!?

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 ドローンやAIなどの開発をする日本のベンチャー企業、A.L.I. Technologies(以下、ALI)は3月27日、空中に浮いて走行する独自開発のホバーバイク「Speeder」の有人飛行試験を3月25日に行ったと発表しました。Speederは、2019年内に限定モデルの予約受付を開始し、2020年後半に同モデルの納車を開始。量産機についても2021年前半に国内向けモデルの予約受付を開始する計画です。

プロトモデルSpeeder 開発中のSpeeder(画像はALIのwebサイトより)
ALIが公開したコンセプトムービー(YouTube/A.L.I. Technologies)
有人実験を行ったSpeeder 有人実験を行ったSpeeder
有人実験を行ったSpeeder おぉぉ、浮いて旋回している
水面のSpeeder 水面上を走るSpeeder(画像はコンセプトムービーより)
運転中のSpeeder 安定感のある走り(画像はコンセプトムービーより)

 社外取締役の千葉功太朗氏がTwitterで公開した飛行試験の動画では、Speederが実際にフワリと浮き上がり、前進や旋回を華麗にこなす様子が見られます。AI(Artificial Intelligence:人工知能)などの高度な技術を用いて姿勢制御を行うそうです。実際に浮かぶ実車両を見ると、ホントにぐっと未来が近づいてきた気がする……!

 また、別途配信されたコンセプトムービーでは水面や砂漠を疾走するSpeederの姿も描かれています。

オフロードのSpeeder 浮上できるため砂漠などのオフロードも走行可能(画像はコンセプトムービーより)
Speeder Speeder(画像はコンセプトムービーより)

 量産機は2020年後半に海外市場で、2021年前半に国内での予約販売を開始。そして2021年後半に海外向け、2022年後半に日本での商用販売を開始する計画です。

 特に気になる価格は「軽自動車程度」、そして区分は「道路交通法の枠内で中型バイクとして公道を走ります」(千葉氏のTweetより)と述べられています。うぉぉ、本当ですか? 区分については2019年現在、警察などと協議中としています。

 ともあれ2022年以降、日本でもホバーバイクがスーイスイと軽やかに飛行している様子が見られるかもしれません。実現が楽しみです。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  2. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」
  3. 熊田曜子、“離婚決意”後初の動画で銀座ホステスに 「極妻」の不用意発言に苦言も
  4. 「お」「ま」「ち」「こ」「う」「ん」の文字が書かれたダイスを振って役を作る神ゲー「んこダイス」登場 → 「ドラクエ」を抜いてSteam売上1位に
  5. 注射前は“無”の表情だったワンコ、帰りの車では…… 無敵になったワンコの表情ビフォーアフターが面白い
  6. めちゃくちゃ煽ってくる「GR スープラ」を捉えた1枚の写真が話題に モニターに映し出される「ようこそ、親の脛かじりさん」イタズラ 仕掛け人は父親
  7. 美術館に侵入する黒猫と警備員の攻防戦、4年の時を経て…… 「また来たニャ」な猫ちゃんと優しいスタッフのやりとりがあたたかい
  8. 子猫「おねがい、おねがい!」 ごはんの前でおねだりをする子猫ちゃんがかわいい!
  9. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  10. 「1万曲入りiPodをオークションに出したら飛ぶように売れた」 宮下崇『連続起業家のTHEORY』が物議、会社側は「事実確認中」

先月の総合アクセスTOP10