ニュース
» 2019年04月01日 11時00分 公開

未来クル! 日本ベンチャー発のホバーバイク「Speeder」が飛行試験に成功、量産機2022年発売へ

うぉぉぉ? 区分は「中型バイク」扱い!?

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 ドローンやAIなどの開発をする日本のベンチャー企業、A.L.I. Technologies(以下、ALI)は3月27日、空中に浮いて走行する独自開発のホバーバイク「Speeder」の有人飛行試験を3月25日に行ったと発表しました。Speederは、2019年内に限定モデルの予約受付を開始し、2020年後半に同モデルの納車を開始。量産機についても2021年前半に国内向けモデルの予約受付を開始する計画です。

プロトモデルSpeeder 開発中のSpeeder(画像はALIのwebサイトより)
ALIが公開したコンセプトムービー(YouTube/A.L.I. Technologies)
有人実験を行ったSpeeder 有人実験を行ったSpeeder
有人実験を行ったSpeeder おぉぉ、浮いて旋回している
水面のSpeeder 水面上を走るSpeeder(画像はコンセプトムービーより)
運転中のSpeeder 安定感のある走り(画像はコンセプトムービーより)

 社外取締役の千葉功太朗氏がTwitterで公開した飛行試験の動画では、Speederが実際にフワリと浮き上がり、前進や旋回を華麗にこなす様子が見られます。AI(Artificial Intelligence:人工知能)などの高度な技術を用いて姿勢制御を行うそうです。実際に浮かぶ実車両を見ると、ホントにぐっと未来が近づいてきた気がする……!

 また、別途配信されたコンセプトムービーでは水面や砂漠を疾走するSpeederの姿も描かれています。

オフロードのSpeeder 浮上できるため砂漠などのオフロードも走行可能(画像はコンセプトムービーより)
Speeder Speeder(画像はコンセプトムービーより)

 量産機は2020年後半に海外市場で、2021年前半に国内での予約販売を開始。そして2021年後半に海外向け、2022年後半に日本での商用販売を開始する計画です。

 特に気になる価格は「軽自動車程度」、そして区分は「道路交通法の枠内で中型バイクとして公道を走ります」(千葉氏のTweetより)と述べられています。うぉぉ、本当ですか? 区分については2019年現在、警察などと協議中としています。

 ともあれ2022年以降、日本でもホバーバイクがスーイスイと軽やかに飛行している様子が見られるかもしれません。実現が楽しみです。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響