ニュース
» 2019年04月01日 18時58分 公開

「令和」のアクセントは「栄華」と同じ? それとも「平和」? 内閣官房に聞いた

ローマ字表記は「REIWA」が正しいとのこと。肝心の発音はというと……。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 2019年4月1日、いよいよ新元号が発表され、ネットのあちこちで「令和」の文字が踊っています。こうして「令和」と書く分には既に慣れた人も多いでしょうが、発声するときアクセントに迷う人は多いのではないでしょうか。「レ」にアクセントを置いて「栄華」と同様に読むか、「平和」のように上がり気味に読むか……?


栄華? 平和? 編集部の観測範囲では、このいずれかで発声している人が多い様子。どう読むべきなんだろう……(アクセントの表記法については、三省堂のサイトを参考にしました)

 「令和」の発音にルールはあるのか? 内閣官房に問い合わせたところ、「『元号法』はあくまで元号の漢字とふりがな表記のみ定めるものであり、アクセントについては決まっていない」との回答で、「これが正解」といったものはありませんでした。

 発表時の映像を視聴する限り、管官房長官も安倍首相も「栄華」と同じアクセントで読んでいたように聞こえましたが、これも1つの例に過ぎません。テレビやラジオ等の放送で「令和」がなじんでいくうちに、いずれ発音の共通認識も固まっていくと思われます。


栄華? 平和? 管官房長官は「栄華」と同じ抑揚で読んでいたように聞こえましたが、これが正解というわけではありません

 なお、ローマ字表記については「REIWA」が正しいとのことでした。やはり「令和18年」は略すると「R18」になるのか……(関連記事)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.