ニュース
» 2019年04月02日 11時00分 公開

さよならGoogle+。「正直ダメだったところと大好きだったところ」を、最後まで愛したユーザーたちに聞いた(1/2 ページ)

ここでしか出会えない人たちがいた。

[辰井裕紀,ねとらぼ]

 2011年6月28日に始まり、2019年4月2日をもってその歴史に幕を下ろすGoogle+。

 記事前編では、実名使用の強制、強引に進めたユーザー獲得策が裏目に出るなどして利用者が激減し、終了するまでの流れについて紹介してきました。

 ほとんどの時期を苦難とともに過ごし、8年もの旅程を終えたGoogle+ですが、それでもこのSNSを愛し、最後まで利用し続けた人たちもいます。今回はそうした中の2人、まずはTanaka Takeshi(TTakeshi)さんにお話を伺いました。


Google+消滅 Google Japan公式アカウントによる、終了のあいさつ

「美意識と居心地の良さがあるSNSだった」

 「Google+は2012年の春ごろ、就職でAndroidタブレットを買ったときに使い始めました。Google+のユーザーは、新規サービスへの理解者や技術系の方が多くて、総じてネットリテラシーが高めで落ち着いた雰囲気です。趣味からニュースまで一緒くたに受け入れられる土壌でした。感情的になる人は少なく会話が成立する安心感の中で、それぞれが飾らずその人の立場で意見が出せる場でした」


Google+消滅 Google+ならではの独自機能は高く評価する声もあった

 「また、発言者も受け手も各自でフィルタリングができました。例えば、僕はほとんどの投稿を一般公開していますが、エッチなゲームの話題を出すときは興味がありそうなフォロワーさんのグループ(Google+ではサークルといいます)を作って、そのサークルにだけ限定で公開していました」

 「なお発言者がカテゴリーを分けて投稿する『コレクション機能』で、僕の普段の投稿はOKでもエッチなゲームの話題を見たくないという受け手の側で、表示しない設定を選ぶことができました。これによって、『9割好きだけど1割苦手』な人ともつながっていられたのです」


Google+消滅 Google+のストリーム

 「逆に悪いところですか? タイムラインが時系列に並ばず独自のアルゴリズムで並び替えられる問題がありました。時おり間引きも起きるので、その時何が盛り上がっているか把握しづらくなっています。その結果リアルタイムで追う意味が薄れ、常駐率が下がります。ぽつぽつと離れたまま戻ってこなくなる人が出始め、過疎化していきました」

 「ユーザーは限定公開をすることが多く、あいさつ代わりの+1や共有を良しとしない、ホントに価値を感じたものだけにリアクションしろとの美意識がありました。新規に始めた人にとっては人が少なく見える上に反応も薄いとなれば、『なんか間違ったところに来ちゃった』と思われても仕方のない部分はありました」


Google+消滅 メインストリーム

 「僕は参加できませんでしたが、サービス開始直後が一番盛り上がっていたようです。1〜2年目はまだ活気がありました。当時は『サークル共有機能』というおすすめのアカウントを一括でフォローできる機能があり、新規参加者でもみんなに追いつきやすかったのです」

 「その後、『コミュニティ機能』ができて、同じ趣味の人がそれぞれ小さい部屋で活動することでメインストリームが寂れました。ただでさえ少ない人が分散するコミュニティも人数不足で多くはまともに機能せず、結局はメインストリームに回帰していきましたが」


Google+消滅 コミュニティの検索ページ

 「GmailやYouTubeらとGoogle+との連携が強化されていくことも重なって、一般公開から限定公開になり、フォローを増やさないような防衛策を取り始めた人もいたように思います。新規参加者には溶け込みづらくなっていったことへの影響はあったと思います」

 「Google+がなくなることは寂しい、とても寂しいです。一方で……アクティブな人が減っていき、Google+を通して覗ける世界が狭くなっていっても、ここの居心地の良さに甘えて、外の世界に踏み出せませんでした。いつかは必要な巣立ちのタイミングを、去る際の言い訳の必要も、未練も残らない形で用意してくれたのかなと」

 「Google+とユーザーさん、今までありがとうございました。長い間一緒に過ごした僕たちだから、またどこかで同じものに惹かれ、再会できるんじゃないかと信じています。Google+は飾らない自分のまま、飾らない言葉が聞ける場所。それでいて穏やかで心地よい、帰りたくなるような大事な空間でした


Google+消滅 Google+(@GooglePlus)のTwitterアカウントは、10月3日の投稿を最後に止まっている(2019年3月30日現在)

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. /nl/articles/2205/28/news020.jpg 「トップガン」はなぜ「トップガン」なのか? 「トップガン マーヴェリック」でオタクが悲鳴を上げ歓喜した理由
  3. /nl/articles/2205/28/news071.jpg 幸せそうな顔だ! 久慈暁子、結婚発表後初のインスタ更新で夫・渡邊雄太見守る観戦中の笑顔ショット公開
  4. /nl/articles/2205/27/news130.jpg 鳥居みゆき、キャンプを楽しむ1枚に青白い顔 “ホラー風”ショットに「全く知らずに見たら怖すぎる」
  5. /nl/articles/2205/27/news012.jpg 利害が一致した柴犬&子猫コンビ “ごはん”のときだけ息が合う姿に「見事なシンクロw」「笑っちゃいました」の声
  6. /nl/articles/2205/28/news068.jpg 胃がんステージ4のバレー代表・藤井直伸、清水邦広&福澤達哉と再会ショット つらい治療の中で「最高の薬です!」
  7. /nl/articles/1809/23/news019.jpg 炊飯器いっぱいに炊けまくった米…! 「5.5合炊いて」が生んだ悲劇に「全米が泣いた」「笑いすぎてしんどい」
  8. /nl/articles/2205/28/news065.jpg 漫画家急病でセクシーな女性がサツマイモの画に 「単行本では必ず修正します」
  9. /nl/articles/2205/27/news033.jpg 禍々しい136体の妖怪像が話題 学芸員が「なんのために作れられたのか不明」「類例は見つからず」という造形物が謎すぎる
  10. /nl/articles/2205/28/news063.jpg ともさかりえ、「キンキーブーツ」応援で“一方的な攻撃”受ける 根拠もないうわさで「金田一の頃も苦しめられた」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響