ニュース
» 2019年04月07日 18時20分 公開

たつき監督「半年ぶりに布団で寝た」「家は1年弱帰ってない」 とんでもない生活をTwitterで報告

休んでください……。

[コンタケ,ねとらぼ]

 「けものフレンズ」や「ケムリクサ」で知られるたつき監督(@irodori7)が、Twitterでとんでもない近況を報告しました。今日は「半年ぶりに布団で寝たけど、ふとん!気持ちよすぎて怖いなこれ…」と聞いたほうが怖くなるもの。さらに続けて、「家は1年弱帰ってないのですごい怖い。家賃払ってるから存在は…してるはず…」というだいぶホラーなものまで飛び出しました。うそやん……どこで生活してるの……。






 たつき監督は、2017年1月に放送されたテレビアニメ「けものフレンズ」と、2019年1月に放送されたテレビアニメ「ケムリクサ」を手掛けました。2013年〜2015年には「てさぐれ!部活もの」のアニメーションも手掛けています。自主制作アニメーションサークル「irodori」の立ち上げ人で、現在はヤオヨロズに所属しています。




 以前、ヤオヨロズ取締役の福原慶匡さん(@fukuhara_ystd)がインタビューでたつき監督について、「動いている時間のほとんど仕事か趣味のCGを作り続けている」と答えていたこともあり、ファンからは「ちゃんと休んでいるのだろうか」と心配されていました。しかし、今回のツイートをみる限り、やはりほぼ常時作業をし続けていたと思われます。

 このツイートを受けファンからは、「住む場所まで廃墟にしなくてもいいと思います…」「体大事にして」「もっと人間らしい仕事環境を…どうか…」「あんまり家に帰らないと生活実態がないとか言われて被選挙権がなくなりますよ」「家の布団で寝たわけではない……?」「さすがにケムリ草生える」「ゆっくり休めるよう赤いケムリクサ作らないと…」と体をいたわる声があがっています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.