ニュース
» 2019年04月09日 15時20分 公開

美しい顔があああ! GACKT、「翔んで埼玉」麻実麗のイラストを添削するも大反省「変な人になった!」

赤ペン先生失格!

[深戸進路,ねとらぼ]

 歌手でタレントのGACKTさんが4月9日、「触っちゃいけない!」と題したムービーをInstagramで公開。“赤ペン先生”になって自身の似顔絵を添削していきますが、美しい顔が良からぬ方向に変貌を遂げています。変な人になっちゃった。

GACKT 似顔絵 翔んで埼玉 麻実麗 MOVIXさいたま ホワイトボードに描かれた麗様のイラストに興味を示すGACKTさん(画像はGACKT Instagramから)

 主演映画「翔んで埼玉」のイベントで、同作の舞台となった埼玉県の映画館「MOVIXさいたま」に訪れたGACKTさん。控え室のホワイトボードには、自身が演じた麻実麗のイラストが描かれており、興味を持ったGACKTさんは赤ペンを手に取り添削を開始。「ボクの目はもっと……こうだと思います」「鼻はこれくらいです」「顔の輪郭は……」などGACKT先生による似顔絵講座が始まり、顔の各パーツを添削しながら上書きしていきます。まさかの本人監修……!

GACKT 似顔絵 翔んで埼玉 麻実麗 MOVIXさいたま 細かく添削するGACKTさん(画像はGACKT Instagramから)

 はたから見れば修正するたびに不自然な顔となっていくのがよく分かりますが、GACKTさんは熱中しているため添削を続行。「目はもう少し垂れてます」と最後の仕上げを終えて“真の似顔絵”を完成させますが、一歩引いて仕上がりを確認したGACKTさんは「変な人になった!」とすぐに苦笑い。想像以上に想像以下な仕上がりに、「失敗したなぁ……」「触っちゃいけないなぁ……」などその後も反省しきりの様子でした。

GACKT 似顔絵 翔んで埼玉 麻実麗 MOVIXさいたま 赤ペン先生 赤ペン先生しっかり!(画像はGACKT Instagramから)

 ファンからは、「まさかの自分で修正」「がくちゃん、ダメですよ! 綺麗な顔が変になっちゃいましたねぇ」「変な顔にしちゃダメですよ」「赤ペン先生が間違ってる」などツッコミが続々。「せっかく一生懸命描いてくださったものだから、大切になさってね」「描いてくれた方に、GACKTさんがなにかコメントを書いてくれてたらいいなぁと」などイラストの作者をフォローするようなコメントも届いていました。

GACKT 似顔絵 翔んで埼玉 麻実麗 MOVIXさいたま 赤ペン先生 GACKTさん演じる麻実麗(画像は映画「翔んで埼玉」Instagramから)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.