ニュース
» 2019年04月14日 19時30分 公開

迎えに来た死神がなぜか「スーツ着たゴリラ」 シュールと思いきや切ない創作漫画にホロリ

語られる物語の順番が秀逸……。

[宮原れい,ねとらぼ]

 死神が“スーツを着たゴリラ”となって現れるシュールな展開……と思いきや、その理由を知って切なさがこみ上げる創作漫画が「尊い」の声を集めています。


死神は救われない 漫画 澄谷ゼニコ ゴリラ スーツ 死神 手を繋ぐ 切ない 初見のインパクトは「ゴリラ!」ですが……?


 若くして亡くなった女性を迎えにきたのは、完全なるゴリラの見た目の死神。スーツを着た姿がシュールですが、「前世の貴方に希望された姿ですよ」と伝え、スッと彼女の手を取ろうとする流れはなんだかイケメンです。しかし、完全なるゴリラの見た目なので「握りつぶす気か」とツッコミを入れざるを得ません。なぜゴリラを希望したし。


死神は救われない 漫画 澄谷ゼニコ ゴリラ スーツ 死神 手を繋ぐ 切ない スーツ姿のゴリラがシュールすぎる

死神は救われない 漫画 澄谷ゼニコ ゴリラ スーツ 死神 手を繋ぐ 切ない ゴリラは彼女の前世が希望した姿らしいですが……?

 「今世は楽しめましたか?」と聞く死神ゴリラに、「ずっと病院にいたからなぁ、あんまり」と返す女性。しかし、亡くなる少し前に大好きな恋人ができ、「……死ぬ直前まで握ってくれてた手、握り返せなくて」と語る彼女は、また会えたときに「あの人の手をちゃんと握り返したいから」と、次も人間に転生したいと話します。手をつなげるとは言え、ゴリラや猿だと握るタイミングこないもんね……。


死神は救われない 漫画 澄谷ゼニコ ゴリラ スーツ 死神 手を繋ぐ 切ない 恋人ができたことで再び人間になりたいと思えるようになった彼女

死神は救われない 漫画 澄谷ゼニコ ゴリラ スーツ 死神 手を繋ぐ 切ない 確かにゴリラは握力やばい

 場面は変わり、今度は人間の見た目で亡くなった女性を「また自殺ですか」と迎えに行く死神の姿が。人嫌いと自殺癖が一向に治らない女性に、それが治るまでは“前世の記憶”が残ったままだと伝えます。「人間なんて好きになれない」「生きていく度に嫌いなところが増えていくだけ」と話す彼女に対して、「いいじゃないですか人間。私は好きですよ」と言葉をかける死神。「誰かの手を握れるのって、人間だけだと思うんですよね」とも。


死神は救われない 漫画 澄谷ゼニコ ゴリラ スーツ 死神 手を繋ぐ 切ない シーンは変わって若い男性の死神が

死神は救われない 漫画 澄谷ゼニコ ゴリラ スーツ 死神 手を繋ぐ 切ない 何度も自殺を繰り返しているため、前世の記憶が残ったままの女性

死神は救われない 漫画 澄谷ゼニコ ゴリラ スーツ 死神 手を繋ぐ 切ない 死神のこの言葉は……

 そして彼女との“最後”に、何気ない会話の中でのリクエストを受け「では次はゴリラでお迎えに上がりましょう」と来世での約束をするのでした。


死神は救われない 漫画 澄谷ゼニコ ゴリラ スーツ 死神 手を繋ぐ 切ない 「次はゴリラで」と約束する死神

 ……その約束の言葉でわかるように、人間の姿をしていた死神は冒頭のゴリラで迎えに行った死神と同一人物。ゴリラの姿で仕事を終えた彼は、仲間の死神に担当の“自殺を繰り返してる人間”について聞かれ、人嫌いが治って自殺をやめたこと、さらに「…私のことも忘れてました」と報告します。それが死神と人間の関係としては普通であり、彼女がイレギュラーだと諭される彼。何度もわかっていると頷いて、初めて見た彼女の笑った顔に「よかった、ほんとうに、よかった」と笑顔になりますが、その目からは涙がこぼれるのでした。死神さんの届くことのない想いが切ない……。


死神は救われない 漫画 澄谷ゼニコ ゴリラ スーツ 死神 手を繋ぐ 切ない 話は戻って前世の記憶をなくした彼女を迎えに行った後

死神は救われない 漫画 澄谷ゼニコ ゴリラ スーツ 死神 手を繋ぐ 切ない 仲間の死神に報告します

死神は救われない 漫画 澄谷ゼニコ ゴリラ スーツ 死神 手を繋ぐ 切ない 普通の関係に戻っただけですが、彼の目には涙が

死神は救われない 漫画 澄谷ゼニコ ゴリラ スーツ 死神 手を繋ぐ 切ない 届かない想いが切ない……

 作者は、以前に亡くなった彼女が霊として会いに来る創作漫画『化物の愛は届かない』(関連記事)が話題になった、『おとぎの孫』を連載中の漫画家の澄谷ゼニコ(@bloooom25)さん。ちなみに今回の創作漫画のタイトルは『死神は救われない』でした。

 Twitterでは「鳥肌やばい」「素晴らしい」と称賛の声が寄せられ、読み返した時に印象が変わるお話の流れに「物語の順番が好き」という声や、またラストの死神の仲間がかけた「…泣くぐらいなら笑うな馬鹿」というセリフに最高のエモさを感じる声などが上がり、人気を集めています。



澄谷ゼニコさんの書籍(Kindle Storeで配信中)



画像提供:澄谷ゼニコ(@bloooom25)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/28/news013.jpg 4コマ“全員医学部出てない”が大惨事の予感しかない 「大至急首にネギを巻くんだ! 生姜湯も飲ませろ!」
  2. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  3. /nl/articles/2201/27/news182.jpg ガンダムがスノボやってる!? ゲレンデをさっそうと滑るコスプレボーダーが「連邦の面白い悪魔」と人気
  4. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  5. /nl/articles/2201/28/news085.jpg 「だれかわからなかった」 国生さゆり、今年初ソロショットで茶髪ボブへ大胆イメチェン 好評の声へ「可愛いと自覚致します」
  6. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  7. /nl/articles/2201/28/news141.jpg 米43歳の元人気子役、2年のドラッグ断ちですっかり別人に! 「歯がなくて座っていられなかった」過去から復活へ
  8. /nl/articles/2201/28/news081.jpg 水族館「オニカマス展示中です」→魚クラスタ「ヤシャカマスでは?」 野生の魚博士が間違いを発見、水族館に経緯を聞いた
  9. /nl/articles/2201/27/news165.jpg パパ、気を確かに! ベッカム「娘に好きな人がいるっていわれた」絶望フェースが世界中の父親に突き刺さる
  10. /nl/articles/2201/28/news050.jpg 「もう無理……」 虚無感漂う置物「いろいろむりになってきたカエル」がじわじわくるかわいさ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」