ニュース
» 2019年04月18日 17時00分 公開

5年ぶりにフルモデルチェンジ! スバル「アウトバック」第6世代となる新型を披露 最大260馬力の水平対向4気筒ターボ搭載(1/2 ページ)

クロスオーバーSUVのフラッグシップとして5年ぶりにフルモデルチェンジ。

[haruYasy.,ねとらぼ]

 自動車メーカー・SUBARU(スバル)は2019年4月18日、クロスオーバーSUV「アウトバック」の第6世代フラッグシップとなる新型(米国仕様)を発表。米国で開催されている「ニューヨーク国際オートショー」で実車を披露しました。

スバル アウトバック 新型 フルモデルチェンジ 米国

 アウトバックは1995年に登場した「知的好奇心を刺激し、新たな発見を促すクロスオーバー」というコンセプトのもと、乗用車とSUVの長所を融合させたクロスオーバーSUV。スバルの主力車として人気を集めてきました。

スバル アウトバック 新型 フルモデルチェンジ 米国

 5年ぶりにフルモデルチェンジされた新型アウトバックは、最大260馬力を発生する新型2.4リッター水平対向4気筒直噴ターボエンジンと、最大182馬力を発生する2.5リッター水平対向4気筒エンジンを搭載したモデル2種をラインアップ。上級グレード「Limited」、最上級グレード「Touring」が用意されるほか、新グレード 「Onyx Edition XT」も設定されます。

スバル アウトバック 新型 フルモデルチェンジ 米国 新グレード 「Onyx Edition XT」

 開発テーマは「アクティブさとタフさ」で、どっしりと構えた安定感のあるボディのサイズは全長4860mm、全幅1855mm、全高1680mm。スバルらしいワイドグリルや縦型3連LEDフォグライトなどを装備して、スピード感のあるスマートなエクステリアに仕上げられています。

 全グレード共通仕様として最新版の運転支援システム「アイサイト」のほか、タブレット感覚で使える11.6インチフルHD縦型ディスプレイも搭載。これはApple「Car Play」、Google「Android Auto」といったさまざまなアプリに対応しています。さらに、居眠りや脇見運転を検知するモニタリングシステム、リモートエンジンスタートやWi-Fiホットスポットなどの便利機能をまとめたテレマティクスサービスなど、ドライバーをサポートするシステムも充実させています。

スバル アウトバック 新型 フルモデルチェンジ 米国 11.6インチの縦型ディスプレイを搭載
スバル アウトバック 新型 フルモデルチェンジ 米国 スバル初採用となる非接触式ハンズフリーパワーリヤゲートを採用

 積載性にも改良が加えられており、スバル初採用となる非接触式ハンズフリーパワーリヤゲートを採用。ゲート開口部を広げて、開閉の高速化と作業効率を向上させています。

 今回発表された新型アウトバックは米国仕様となっており、スバル・インディアナ・オートモーティブ(米国生産拠点)にて生産され、2019年秋から販売開始を予定しています。

スバル アウトバック 新型 フルモデルチェンジ 米国

春山優花里

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」