ニュース
» 2019年04月19日 17時15分 公開

蝶とサメをモチーフにデザイン KIA、人工知能を搭載したE-SUVコンセプト「HABANIRO」NYオートショーで披露

バタフライドアの開放感すっごい……。

[haruYasy.,ねとらぼ]

 韓国の自動車メーカー・KIAが、蝶のようなドアを持つ人工知能(AI)を搭載したE-SUV「HABANIRO」を発表。コンセプトモデルを米国で開催されている「ニューヨーク国際オートショー」で公開しました。

KIA ニューヨーク国際オートショー SUV EV 人工知能

 ガソリン燃料を使わないEV(電気自動車)として開発されたHABANIROは、昨今高い人気を得ているSUV(スポーツタイプ多目的車)でありながら、先進的モビリティとしての面を併せ持つ野心的なクルマ。前部、後部にモーターが取り付けられた全輪駆動で、オンロード、オフロードを問わずに快適な走りが楽しめるマシンとなっています。

KIA ニューヨーク国際オートショー SUV EV 人工知能
KIA ニューヨーク国際オートショー SUV EV 人工知能

 高度な人工知能(AI)を搭載していることが最大の特徴で、フロントウインドウに表示するHUD(ヘッドアップディスプレイ)や自動運転システムなどの管理だけでなく、ドライバーの感情をリアルタイムに読み取るシステム「READ」によるユーザーサポートにも活用されています。

 READはマサチューセッツ工科大学の研究者と共同開発したもので、ドライバーの表情や心拍数などを読み取って、ストレスレベルなどを測定。状況に応じた室内の明るさ調整、気分に合わせたBGMを流すといった室内環境アシスト機能のほか、空腹時に近場のレストランやドライブスルーをピックアップしてナビゲートするといった機能を実現しているそうです。

KIA ニューヨーク国際オートショー SUV EV 人工知能
KIA ニューヨーク国際オートショー SUV EV 人工知能

 車体のデザインはシルバーとレッドを基調に「サメ」と「蝶」をモチーフにまとめられています。ガルウィングのようなポップアップドアの1種であるバタフライ・ドアは、車体中央部から観音開きになる仕様で、羽根を開いた蝶をモチーフにしています。全ドアを開いた状態を見ると、ルーフにまでおよぶウインドウもあって、ものすごい開放感ですね。

 フロント周辺のデザインはサメがモチーフになっており、クルマの印象を決定づけるフロントグリルはサメの歯を並べたような攻撃的な造形となっています。

KIA ニューヨーク国際オートショー SUV EV 人工知能
KIA ニューヨーク国際オートショー SUV EV 人工知能

 HABANIROのスペックや今後の方針など、詳しい情報を明らかにしていませんが、このコンセプトカーによってKIAは今後のE-SUVの方向性を示しました。

春山優花里

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン