ニュース
» 2019年04月17日 20時00分 公開

うぉぉ新色に「湾岸ブルー」!?!? 「日産GT-R」2020年モデルが“あの世代”を直撃しまくり(1/2 ページ)

真夜中を走りたくなる色! Pure editionで1063万1520円から。

[ねとらぼ]

 日産自動車は4月17日、最上位スポーツカー「GT-R」の2020年モデル、およびGT-RとフェアレディZの生誕50周年記念モデル「50th Anniversary」を2019年6月から順次発売すると発表しました。

GT-R 2020年モデル 2020年モデル「GT-R Premium edition」(ワンガンブルー)(写真:日産自動車、以下同)

 GT-Rの最新モデルは、北米市場向けが2019年モデルとして一足先に登場(関連記事)。今回の日本市場向けはGT-RとフェアレディZの生誕50周年記念モデルも含めて2019年4月の発表となり、「2020年モデル」として投入します。エントリーグレードの「Pure edition」、上級な黒基調の内装とした「Black edition」、チタンマフラーなどの上位パーツやBOSEサウンドシステムを装備する「Premium edition」、600馬力までチューンされたエンジン、外装/空力パーツ、サスペンション、パワートレインともにサーキット走行向けの特別仕様とした「NISMO」の4グレードを用意します。

 2020年モデルは、これまでNISMOモデルのみに採用してきたレース向けのターボ高効率化技術「アブレダブルシール」を採用。アクセルレスポンスが“従来のNISMOモデル並み”に向上します。また、Rモード専用のアダプティブシフトコントロール(ASC)のシフトスケジュールを「よりアグレッシブ」に制御し、再加速時の駆動レスポンスの向上とより鋭いコーナー加速を実現。新たなサスペンションやブレーキセッティングとともに、ドライバーがより安心して意のままに操れるようチューニングを煮詰めました。

GT-R 2020年モデル 「GT-R Premium edition」インテリア
GT-R 2020年モデル 「GT-R Premium edition」チタンマフラーエンド

 新色の投入も目玉です。新たなボディーカラーに、見る角度によって表情を変える「ワンガンブルー」を用意します。かつて、R34型に設定された「ベイサイドブルー」を思い出させます。表現テーマは「一瞬で駆け抜ける閃光」。見る角度や光の当たり方によって色が変化するように見えるという、青色の透明ベースに光干渉顔料を追加して構成する特殊な塗装で実現します。職人が手作りで仕上げるという青く輝くチタン製マフラーエンド、新デザインのホイールとともに、「ワンガン(湾岸)」の名は1990年〜2000年代平成初期に漫画、アニメ、雑誌、さまざまなメディアで登場し、強烈に「あこがれのGT-R」イメージが植え付けられた世代にとって、訴えてくる、くすぐられるような何かを感じるかもしれません。

GT-R 2020年モデル ワンガンブルー
GT-R 2020年モデル GT-R Pure edition
GT-R 2020年モデル GT-R Black edition

 価格は、GT-R Pure editionで1063万1520円(税込、以下同。2018年モデル比でプラス40万680円)から。匠と呼ばれる熟練エンジニアが1機ずつ手作業で組み上げるというGT-R専用の3.8リッターV型6気筒ツインターボエンジン「VR38DETT」は、570馬力と65.0kgf-m(637Nm)のトルクを実現。出力値は2018年モデルと同じです。

photo 日産GT-R 2020年モデルの価格

 併せて、GT-R生誕50年記念の特別モデル「GT-R 50th Anniversary」も発売します。

GT-R 2020年モデル GT-R 50th Anniversary
「NISSAN GT-R NISMO 2020モデル」「GT-R/Z 50周年記念車」発表記者会見(YouTube/日産自動車)

さらにスペシャル、サーキット向けハイパフォーマンス仕様「GT-R NISMO」

 サーキット向けの特別仕様「GT-R NISMO」は、2018年からGT3レーシングカーで使われていたターボチャージャーを採用。約20%のレスポンス向上とともに「さらに上」を目指すべくチューニングが施されました。

GT-R 2020年モデル GT-R NISMO 2020年モデル

 2020年モデルはかなりコストを掛けた軽量化も実施します。車両重心点から遠いルーフ、エンジンフード、フロントフェンダーにカーボン素材を積極的に採用して10.5キロ減、また、新開発の専用レカロシート、世界最大級のサイズで強力なストッピングパワーを発生する高性能カーボンセラミックブレーキシステムなどによって、合計約30キロの軽量化を果たしました。

 世界トップクラスの制動性能を実現するとうたうカーボンセラミックブレーキシステムは、ブレーキローターの大径化とともに、ピストン配列を最適化した専用の高剛性キャリパーと新しい摩擦材のブレーキパッドを新規開発。サーキットにおける高G、高負荷状況での絶対的な効きの良さとともに、日常的な使用においても圧倒的な制動力と優れたコントロール性を実現するとしています。

GT-R 2020年モデル GT-R NISMO 2020年モデルの専用レカロシート
GT-R 2020年モデル GT-R NISMO 2020年モデル インテリア

 GT-R NISMO 2020年モデルは、2019年5月中旬から先行予約受け付けを開始します。

GT-R NISMO 2020年モデル車両概要(YouTube/日産自動車)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  2. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  3. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  4. /nl/articles/2112/01/news111.jpg ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去
  5. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  6. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  7. /nl/articles/2112/01/news013.jpg 「校長先生の鑑」「神やん」 激長でおなじみの“校長先生の話”を描いた4コマ漫画が超展開で話題に
  8. /nl/articles/2111/30/news033.jpg パパに叱られる柴犬を黒猫がフォロー→柴犬「あとよろしく!」黒猫「えっ!?」 置いて行かれてあぜんとする表情がかわいい
  9. /nl/articles/2112/01/news095.jpg SPEED島袋寛子、18歳での悲劇を告白 鼻が約20年後も変形したままで「整形しようかと」
  10. /nl/articles/2111/30/news073.jpg 「犬の散歩みたい」――批判的な声にハーネスの使用をためらう親のために 現役ママが開発したリュック一体型「ワーネス」誕生秘話を聞いた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」