ニュース
» 2019年04月23日 12時15分 公開

「正にドンブラコ」「さすが岡山」 Twitterで話題の“桃”型の足こぎボート、誕生の経緯を県に聞いた

乗りに行くしかないんじゃぁ。

[Kikka,ねとらぼ]

 岡山県で“桃”の形をした足こぎボートが目撃され、「どんぶらこ感がすごい」と話題を呼んでいます。ユニークな桃ボートはいかにして誕生したのか。岡山県公聴広報課にお話を聞きました。


岡山 桃太郎 桃 話題になっている岡山県の“桃ボート”(画像提供:ヲ(@xxxmilkxxx)さん)

スワンじゃなくて桃

 話題を集めているのは、Twitterユーザーのヲ(@xxxmilkxxx)さんが岡山県岡山市の旭川周辺(後楽園と岡山城の間)で撮影した画像3枚。


岡山 桃太郎 桃 かわいいボートある(画像提供:ヲ(@xxxmilkxxx)さん)

 「岡山で『ピンクの人力ボートある!!カワイイ!!!!』って思ったらよく見たらスワンじゃなくて桃」「遠くから見るとどこからともなくどんぶらこ感が凄くて暫くこの情景で笑える」と紹介したところ、2万5000件以上の“いいね”を集めたほか、インパクト抜群の光景に「正にドンブラコ(桃太郎発祥県だけに)」「さすが岡山」といったコメントが寄せられています。


岡山 桃太郎 桃 桃……!(画像提供:ヲ(@xxxmilkxxx)さん)

岡山県「岡山の魅力発信と観光振興につながれば」

 このユニークな桃ボートがどうやって誕生したのか。ねとらぼ編集部は岡山県総合政策局公聴広報課にお話を伺いました。

――Twitterで話題の桃ボートですが、いつ始まったサービスなのでしょうか。

岡山県2018年10月8日より観光キャンペーン「果物時間」の一環としてスタートしました。桃太郎伝説で日本遺産にも認定された岡山の魅力発信や観光振興につながればと、昔話「桃太郎」に登場する桃を連想させるボートが作られました。


岡山 桃太郎 桃 (画像提供:岡山県観光連盟

岡山 桃太郎 桃 (画像提供:岡山県観光連盟

――桃ボートはどこに行けば乗れるのでしょうか。

岡山県岡山市内にある「碧水園(へきすいえん)」で楽しめます。大人2人+子ども1人の最大3人が乗車可能で、料金は1舟20分間の1600円です。


岡山 桃太郎 桃 (画像提供:岡山県観光連盟

岡山 桃太郎 桃 (画像提供:岡山県観光連盟

――今回ツイート主さんからは、「ボートの近くにある岡山城などで活動している岡山戦国武将隊(@sengoku_okayama)も素晴らしい」と聞いたのですが、ゴールデンウィークなどにオススメの観光スポットがあれば教えてください。

岡山県後楽園の幻想庭園では、4月26日から5月6日までの間、19時から21時30分までライトアップを行うのですが、これにあわせて岡山城でも「春の烏城灯源郷」というライトアップを行う予定です。とてもきれいなのでぜひ見ていただきたいです。また、倉敷エリアでも、倉敷川での川舟流しなどを行う「ハートランド倉敷」というイベントが開催されます。

――最後に岡山に行った際に、これは食べておいたほうが良いというオススメグルメがあれば教えてください。

岡山県5月中旬よりフルーツがおいしい季節になってきますので、人気のシャインマスカットを使ったフルーツパフェなどがオススメです。また7月になると白桃もおいしいです。他にもデミカツ丼などおいしいものがたくさんあるので、ぜひ岡山に遊びに来ていただきたいです。


 お笑いコンビ・千鳥を起用した「晴れの国おかやま」の広告がジブリ風デザインだったりと、最近ユニークな取り組みが話題となることの多い岡山県。今後も岡山ならではの特色を取り入れたPRに期待したいですね。


岡山 桃太郎 桃 ジブリ風広告で話題となった千鳥の「晴れの国おかやま」ポスター(関連記事

(Kikka)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた