ニュース
» 2019年04月23日 17時49分 公開

ハウステンボスが入場料金の一部を見直し 未就学児&シニア料金が新設され、ペットは入場無料に

バースデー特典も充実化。

[戸部マミヤ,ねとらぼ]

 長崎県のテーマパーク「ハウステンボス」が、入場料金の一部見直しを発表しました。未就学児とシニア料金が新設され、ペットの入場が無料に。またお誕生月に来場することで、お土産が10%割引になるなどの特典が受けられます。


ハウステンボス パスポート革命(公式サイトより)

 今回料金の見直しが発表されたのは「未就学児(4歳〜小学校入学前)」「シニア(65歳以上)」「ペット」「バースデー特典」の4区分。

 ハウステンボスでは3月にチケットの一律化が行われ、入場券とアトラクションの搭乗券がセットになった「パスポート」のみの販売となりました(関連記事)。この変更を鑑みて、アトラクションの利用頻度が少ない「未就学児(4歳〜小学校入学前)」「シニア(65歳以上)」がお得に入場できるよう料金を刷新。未就学児は3500円、シニアは5500円でパスポートを購入可能になります。


ハウステンボス 現在のシニア料金からさらに1000円引きに(公式サイトより)

ハウステンボス 未就学児は1100円お得(公式サイトより)

 あわせて「ペット」の入場料金もこれまでの500円から無料に。「ペットと入場できるテーマパーク」としてハウステンボスを楽しみたい客の要望に応えての変更です。


ハウステンボス 「ペットと入場できるテーマパーク」としての価値を見直し(公式サイトより)

 6月からスタートする新しい「バースデー特典」では、お誕生月当月に来場することで、本人および同伴者3人までの入場券が割引に(18歳以上は500円引き、18歳未満は300円引き)。また各種お土産代が10%OFFされ、パーク内レストランでの乾杯ドリンクサービスといった特典を受けられます。

 「未就学児(4歳〜小学校入学前)」「シニア(65歳以上)」「ペット」の入場料金は5月7日より改定。新しい誕生月特典は6月1日より適用されます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.